0:switch
1:bg52
2:bg10_a
3:あれ……? あの人は……。
Huh...? That person...
4:ホスト部に向かう途中で、見慣れない制服の人
On the way to the Host Club, I saw a person
5:を見かけた。
with an unfamiliar uniform.
6:環先輩の友だちで、レオさん……、だったと思
7:うんだけど……。
8:もしかして、部室に行こうとして迷っちゃった
Could it be that on his way to the club room,
9:のかな?
he'd gotten lost?
10:声をかける
Call out to him
11:やめておく
Do nothing
12:switch
13:select
14:switch
15:sure2
16:switch
17:sure3
18:switch
19:環先輩の友だちだし、このまま放っていけない
Since he's Tamaki-senpai's friend, I can't
20:よね。
just leave him like that, can I?
21:ハルヒ
Haruhi
22:「あの……」
Excuse me...
23:b-leo_a2
24:b-leo_a2
25:b-leo_a2
26:bikkuri1_l
27:レオ
Léo
28:「はい。……あれ? キミはホスト部の――」
Yes? ... Huh? You're from the Host Club!
29:声をかけると、不安そうだった表情が笑顔に変
After I called out to him, his uneasy expression
30:わる。
changed into a smiling face.
31:ハルヒ
Haruhi
32:「こんにちは」
Hello.
33:b-leo_a2
34:ase
35:レオ
Léo
36:「こ、こんにちは……」
H-Hello...
37:……どうしたのかな? なんだかまた困った顔
... What just happened? For some reason, he's gone back
38:に戻っちゃったけど。
to having a worried expression on his face.
39:switch
40:sure4
41:switch
42:悪いけど、気がつかなかったことにしよう。一
43:緒に行ったら、光たちがうるさそうだし。
44:そう思って引き返そうとすると――。
45:b-leo_a1
46:b-leo_a1
47:b-leo_a1
48:レオ
Léo
49:「あのー、すみません」
Oh, excuse me.
50:呼び止められてしまった……。
51:ハルヒ
Haruhi
52:「あ、はい……」
Ah, sure.
53:b-leo_a1
54:b-leo_a2
55:b-leo_a2
56:b-leo_a2
57:bikkuri1_l
58:レオ
Léo
59:「ちょっと道に――。あれ? ……キミは確
I've gotten a bit lost-- Huh?
60:か――」
... If I remember correctly, you're--
61:……どうしたのかな? なんだかまた困った顔
... What just happened? For some reason, he's gone back
62:に戻っちゃったけど。
to having a worried expression on his face.
63:switch
64:sure4
65:switch
66:……もしかして、自分の名前が出てこないから
67:考え込んじゃったのかな。
68:聞きにくいんだよね、名前を忘れたときって。
69:こういうときは、自分からもう1度……。
70:ハルヒ
Haruhi
71:「あの、自分は――」
Um, I'm--
72:b-leo_a2
73:yama_l
74:レオ
Léo
75:「わーっ! ちょっと待って」
Whoa, wait a moment!
76:ハルヒ
Haruhi
77:「……どうしたんですか?」
... What's the matter?
78:b-leo_a2
79:b-leo_a1
80:b-leo_a1
81:b-leo_a1
82:レオ
Léo
83:「覚えてる、覚えてるんだよ……」
I remember, I really do remember...
84:ハルヒ
Haruhi
85:「そんなに気にしなくてもいいと思いますけど」
I don't think you need to worry so much about it, though.
86:b-leo_a1
87:レオ
Léo
88:「ダメだよ。昨日、名前を聞いたばかりなのに
No, no, that's no good. Yesterday, even though I heard your name so many times...
89:そんな失礼はできない」
I can't be so impolite as to not remember.
90:レオさんは、きっぱりと言い切った。
91:ハルヒ
Haruhi
92:「……それじゃあ、思い出してくれるまで待ち
... In that case, I'll wait until you
93:ますね」
finally remember.
94:b-leo_a1
95:レオ
Léo
96:「ありがとう。もう少しだから、ちょっと待っ
Thank you. I'm close to remembering, so just
97:ててね」
wait a little longer, okay?
98:そう言って、レオさんは静かに目を閉じた。
With that, Léo quietly closed his eyes.
99:b-leo_a1
100:……。
......
101:あれから5分ほど過ぎたけど――。
And so, five minutes just passed like that...
102:b-leo_a2
103:b-leo_a2
104:b-leo_a2
105:uneune_l
106:レオ
Léo
107:「う~~~~」
108:レオさんは、まだうなっていた。真面目という
109:か律儀というか……。
110:見ているほうが気の毒になってくるくらい、真
111:剣に思い出そうとしてくれてるんですけど……。
112:ハルヒ
Haruhi
113:「あの……、名前を聞くことは別に失礼なこと
Um... if you at least heard my name, then I suppose it's
114:じゃないですよ?」
not really considered impolite?
115:b-leo_a2
116:レオ
Léo
117:「……そうなの?」
... Is that so?
118:ハルヒ
Haruhi
119:「はい」
Yes.
120:switch
121:b-leo_a2
122:b-leo_a1
123:b-leo_a1
124:b-leo_a1
125:レオ
Léo
126:「…………じゃあ。キミは、ボクの名前を覚え
... Then, do you remember
127:てる?」
my name?
128:レオさんっていうことは覚えてるけど、フルネー
I remember that he's called Léo, but I'm
129:ムだと自信ないなあ……。
unsure of what his full name is...
130:ジョン・ポール・レオ
Jean Paul Léo
131:ジャン・ピエール・レオ
Jean Pierre Léo
132:switch
133:select
134:switch
135:sure5
136:switch
137:sure6
138:switch
139:確か……。
If I'm not mistaken, it's...
140:ハルヒ
Haruhi
141:「ジョン・ポール・レオさん」
Jean Paul Léo.
142:b-leo_a1
143:ase
144:……。
......
145:……間違えたみたい。
... It seems that I've got it wrong.
146:b-leo_a1
147:b-leo_a2
148:b-leo_a2
149:b-leo_a2
150:レオ
Léo
151:「それじゃあ、お互いさまだね」
Well, it looks like we're even, then.
152:ハルヒ
Haruhi
153:「すみません、レオさんってところだけ覚えて
Sorry, the only name I can remember
154:ました」
is "Léo".
155:b-leo_a2
156:b-leo_a1
157:b-leo_a1
158:b-leo_a1
159:レオ
Léo
160:「少しでも覚えててくれてうれしいよ。じゃあ、
Even if it's only part of my name, I'm glad you remembered.
161:改めて――。ボクは、ジャン・ピエール・レオ」
Now, let's start over. I'm Jean Pierre Léo.
162:ハルヒ
Haruhi
163:「藤岡ハルヒです」
I'm Haruhi Fujioka.
164:b-leo_a1
165:レオ
Léo
166:「よろしくね、ハルヒくん」
Nice to meet you, Haruhi.
167:そう言ってレオさんは、にっこり笑った。
As he said that, Léo smiled sweetly.
168:switch
169:sure7
170:switch
171:確か……。
If I'm not mistaken, it's...
172:ハルヒ
Haruhi
173:「ジャン・ピエール・レオさん」
Jean Pierre Léo.
174:b-leo_a1
175:b-leo_a2
176:b-leo_a2
177:b-leo_a2
178:hirameki_l
179:……。
.......
180:……あれ? 間違ったのかな?
... Huh? Did I get it wrong?
181:b-leo_a2
182:レオ
Léo
183:「正解だよ、藤岡ハルヒくん」
You are correct, Haruhi Fujioka.
184:ハルヒ
Haruhi
185:「あ、思い出せたんですね?」
Oh, so you've finally remembered?
186:b-leo_a2
187:b-leo_a1
188:b-leo_a1
189:b-leo_a1
190:レオ
Léo
191:「うん、キミが名前を呼んでくれたら、電灯が
192:ついたみたいにね」
193:b-leo_a1
194:レオ
Léo
195:「ずいぶん時間がかかっちゃったけど……。よ
Even though it took me a long time to remember...
196:ろしくね、ハルヒくん」
Nice to meet you, Haruhi.
197:そう言ってレオさんは、にっこり笑った。
As he said that, Léo smiled sweetly.
198:switch
199:sure7
200:switch
201:ハルヒ
Haruhi
202:「こちらこそ、よろしくお願いします」
Please treat me well from now on.
203:b-leo_a1
204:b-leo_a2
205:b-leo_a2
206:b-leo_a2
207:自分が握手をしようと手を出したとき――。優
208:しくつつみ込まれるように、抱きしめられた。
209:…………。
210:b-leo_a2
211:ev7050
212:あ、そうか。外国だとこうして挨拶するんだっ
Oh, I get it. Since he's from a different country, I'll have to greet
213:たよね。この間テレビで見た映画でもそうして
him in a certain way. I'll do it the way I saw in
214:たし。
a movie I watched on TV the other day.
215:#Scale[1.4]ドドーーーーーーーーーーーン!
216:環
Tamaki
217:#Pos[0,20]#Scale[1.4]「あーーーーーーーーーっ!!」
Aaaaaaaaaaaahhhhhhhhh!!
218:ハルヒ
Haruhi
219:「どうしたんですか、環先輩?」
What's the matter, Tamaki-senpai?
220:yama_r
221:環
Tamaki
222:「ど、どどどどどどどうしたって!? 何をし
223:ているんだ2人とも!!」
What are you two doing?!
224:bou_l
225:レオ
Léo
226:「あいさつだよ?」
It's a greeting...?
227:yama_r
228:環
Tamaki
229:「それはフランス! ここは日本なの!!」
That is France! This is Japan!!
230:bou_l
231:レオ
Léo
232:「それなら、どうして昨日はダメって言わなかっ
If that's the case, then why didn't you
233:たの?」
say anything yesterday?
234:bikkuri1_r
235:あ、それは確かに。
Ah, that's true.
236:bg10_a
237:tamaki_a
238:tamaki_a
239:tamaki_a
240:leo_a
241:leo_a
242:leo_a
243:環先輩の剣幕に、レオさんは不思議そうな顔を
Under Tamaki-senpai's menacing glare, Léo made a strange face
244:しながら離してくれた。
as he separated from me.
245:leo_a
246:ase
247:レオ
Léo
248:「環……、ちょっとヘンだよ?」
Tamaki... isn't that a little strange?
249:tamaki_a
250:bikkuri1_l
251:環
Tamaki
252:「お、俺はハルヒのお父さんだからな!」
It's because I'm Haruhi's father!
253:leo_a
254:uneune_l
255:レオ
Léo
256:「お父さん? 環が?」
Her father? You, Tamaki?
257:tamaki_a
258:環
Tamaki
259:「ああそうだ!」
Yeah, that's right!
260:その事実無根な自信がどこから出てくるのか、
261:教えて欲しいです環先輩……。
262:まあ、本当に聞きたいわけじゃないからどうで
263:もいいんだけど。このまま付き合ってると長く
264:なりそうだし。
265:ハルヒ
Haruhi
266:「レオさん、部室までご案内しますよ」
Léo, I'll show you to the clubroom.
267:tamaki_a
268:leo_a
269:leo_a
270:b-leo_a2
271:b-leo_a2
272:b-leo_a2
273:bou_l
274:レオ
Léo
275:「え? でも、環の話がまだ……」
Eh? But Tamaki...
276:switch
277:ハルヒ
Haruhi
278:「いいんですよ。父は本物が1人いれば充分で
It's fine. One real father is enough for me,
279:すから」
so I'm okay.
280:b-leo_a2
281:bg52
282:b-tamaki_a3
283:b-tamaki_a3
284:b-tamaki_a3
285:bikkuri2_r
286:ガーーーーーーーーーーーーン!
287:#Color[7]#Scale[1.8]いらない父認定
Acknowledged as unneeded father
288:b-tamaki_a3
289:環
Tamaki
290:「………………」
..................
291:b-tamaki_a3
292:bg10_a
293:b-leo_a2
294:b-leo_a2
295:b-leo_a2
296:レオ
Léo
297:「ものすごくショックを受けてるよ、環……」
Quite the shock you must have received there, Tamaki...
298:ハルヒ
Haruhi
299:「いつものことですから」
It's a normal thing.
300:b-leo_a2
301:bikkuri2_l
302:レオ
Léo
303:「………………い、いつもの」
... N-Normal...
304:ハルヒ
Haruhi
305:「付き合ってると、ホスト部につく前に夕方に
306:なっちゃいますよ」
307:b-leo_a2
308:レオ
Léo
309:「う、うん」
310:環先輩を置いて、レオさんと一緒に部室へ向かっ
311:た。
312:b-leo_a2
313:switch
314:sure8
315:switch
316:bg33_a
317:レオさんを案内して――。
318:……あれ? いつもより遅く来たはずなのに、
319:妙に静かって言うか、すっきりしてるっていう
320:か。
321:……今日はいつもに比べて、お客さんの数が少
322:ないんだということに気づいた。
323:mitukuni_a
324:mitukuni_a
325:mitukuni_a
326:光邦
Mitsukuni
327:「ずいぶん静かだねえ」
328:mitukuni_a
329:kyouya_a
330:kyouya_a
331:kyouya_a
332:鏡夜
Kyoya
333:「ええ、本当に」
334:mitukuni_a
335:kyouya_a
336:leo_a
337:leo_a
338:leo_a
339:にっこり笑ったまま、鏡夜先輩はレオさんへ視
340:線を向ける。
341:leo_a
342:レオ
Léo
343:「ええっと、実は……」
344:レオさんが口を開きかけたとき──。
345:kyouya_a
346:leo_a
347:ガチャ。
348:ron_a
349:ron_a
350:ron_a
351:yoshituna_a
352:yoshituna_a
353:yoshituna_a
354:扉が開いて、王さんと豪徳寺さんが入ってきた。
355:ron_a
356:王
Wan
357:「その件については、私からご説明しましょう」
358:ron_a
359:王
Wan
360:「――その前に。レオ、あれほど勝手に動き回
361:らないようにと言っておいたでしょう」
362:yoshituna_a
363:豪徳寺
Gotokuji
364:「お前の身勝手さが、警護に影響することも忘
365:れるな」
366:yoshituna_a
367:leo_a
368:leo_a
369:leo_a
370:レオ
Léo
371:「…………ごめん」
372:怒られてしまったレオさんは、がっくりとうな
373:だれる。
374:ron_a
375:王
Wan
376:「話を戻しますね。――お嬢様がたは、絢爛学
377:園のホスト部へご招待させていただきました」
378:leo_a
379:ron_a
380:kaoru_a
381:kaoru_a
382:kaoru_a
383:hikaru_a
384:hikaru_a
385:hikaru_a
386:光&馨
Hikaru & Kaoru
387:「はあ!? 意味わかんない。そんなことして
388:いいワケ?」
389:kaoru_a
390:hikaru_a
391:ron_a
392:ron_a
393:ron_a
394:王
Wan
395:「部活動の交流という目的で、双方の理事長か
396:ら許可はいただいています。とくに問題はない
397:かと」
398:いくら許可があるからって……。それにそんな
399:ことしたら、ホスト部にお客さんがいなくなっ
400:ちゃうんじゃあ……。
401:switch
402:ron_a
403:王
Wan
404:「異議を申し立てられても結構ですが、正当な
405:理由もなく拒否することはできませんよ」
406:ron_a
407:王
Wan
408:「むしろ、そんなことはするべきではないと思
409:いますが……。いかがでしょうか?」
410:ron_a
411:kyouya_a
412:kyouya_a
413:kyouya_a
414:鏡夜
Kyoya
415:「そうですね。部活動を通じた交流という名目
416:であれば、異議を唱えることはないでしょう」
417:ron_a
418:kyouya_a
419:kaoru_a
420:kaoru_a
421:kaoru_a
422:hikaru_a
423:hikaru_a
424:hikaru_a
425:光
Hikaru
426:「ちょっと鏡夜先輩……」
427:馨
Kaoru
428:「なんとかならないんですか……」
429:kaoru_a
430:hikaru_a
431:kyouya_a
432:kyouya_a
433:kyouya_a
434:鏡夜
Kyoya
435:「許可がおりている以上、どうしようもあるま
436:い。ちなみに、彼らも立派なお客様だからな」
437:kaoru_a
438:hikaru_a
439:光&馨
Hikaru & Kaoru
440:「はあ!?」
441:2人が納得できない気持ちはわかるけど。鏡夜
442:先輩の言う通り、どうしようもないんじゃない
443:のかなあ……。
444:kyouya_a
445:kaoru_a
446:hikaru_a
447:なんだかまた、大変なことになってきたなあ。
448:まったくもう次から次へと。
449:…………。
450:b-nekozawa_a1
451:b-nekozawa_a1
452:b-nekozawa_a1
453:猫澤
Nekozawa
454:「ホスト部に降りかかる災い……」
455:#Scale[1.4]ひっ!?
456:ハルヒ
Haruhi
457:「ね、猫澤先輩……」
458:心臓に悪い登場はやめて欲しいんですけど。
459:b-nekozawa_a1
460:猫澤
Nekozawa
461:「藤岡君たちの未来には~、漆黒の闇が迫って
462:いるのです……」
463:ハルヒ
Haruhi
464:「……はあ」
465:b-nekozawa_a1
466:猫澤
Nekozawa
467:「恐れることはありません……。入部してくれ
468:るなら、黒魔術部が総力をあげて協力しましょ
469:う~」
470:ハルヒ
Haruhi
471:「あの、すみません。今いろいろと大変なの
472:で……」
473:switch
474:b-nekozawa_a1
475:猫澤
Nekozawa
476:「そうですか……。今なら素敵なベル
477:ゼネフをプレゼント中ですから~」
478:b-nekozawa_a1
479:それでは~、とささやいて猫澤先輩は部室から
480:出て行った。
481:……。
482:災いとか言ってたけど、結局は黒魔術部に勧誘
483:されてただけのような気がする。
484:b-takashi_a1
485:b-takashi_a1
486:b-takashi_a1
487:崇
Takashi
488:「……ハルヒ、フロアを頼む」
489:ハルヒ
Haruhi
490:「あ、はい。わかりました」
491:b-takashi_a1
492:そうだ。お客さんは少ないって言っても、誰も
493:いないわけじゃないんだし。
494:接客のことも考えないと……。
495:倉賀野さん
Miss Kurakano
496:桜塚さん
Miss Sakurazuka
497:上賀茂さん
Miss Kamikamo
498:別にいいかな
499:switch
500:select
501:switch
502:sure9
503:switch
504:sure12
505:switch
506:sure15
507:switch
508:sure18
509:switch
510:どうするかは鏡夜先輩たちにまかせて、倉賀野
511:さんの接客に行こう。
512:bg32_a
513:b-momoka_a1
514:b-momoka_a1
515:b-momoka_a1
516:倉賀野
Kurakano
517:「今日は少し寂しいですわね」
518:ハルヒ
Haruhi
519:「えっと……、その、たまにはこんな日もあり
520:ますよ」
521:b-momoka_a1
522:倉賀野
Kurakano
523:「……このままホスト部がなくなってしまうよ
524:うなことは、ありませんよね?」
525:ハルヒ
Haruhi
526:「それは――」
527:そんなことはないと思うけど……。
528:もしかしたら
529:心配しないで
530:switch
531:select
532:switch
533:sure10
534:switch
535:sure11
536:switch
537:ハルヒ指名率
538:ハルヒ指名率
539:ハルヒ指名率
540:このまま絢爛学園にお客さんたちが招待され続
541:けたらって考えると――。
542:ハルヒ
Haruhi
543:「もしかしたら……」
544:b-momoka_a1
545:倉賀野
Kurakano
546:「ハルヒ君……。わたくし、そんなのイヤです」
547:あ、しまった。つい思ったことを……。
548:ハルヒ
Haruhi
549:「……みなさん、絢爛学園に招待されているだ
550:けですから、すぐにまた元通りになりますよ」
551:b-momoka_a1
552:倉賀野
Kurakano
553:「そうだといいんですけど……」
554:ハルヒ
Haruhi
555:「大丈夫ですよ」
556:倉賀野
Kurakano
557:「…………」
558:失敗したなあ……。こういうときだからこそ、
559:安心してもらえるようにしないと駄目なの
560:に……。
561:b-momoka_a1
562:switch
563:sure19
564:switch
565:倉賀野
Kurakano
566:ハルヒ指名率
567:ハルヒ
Haruhi
568:「心配しなくても大丈夫ですよ」
569:b-momoka_a1
570:倉賀野
Kurakano
571:「でも、わたくし心配で……」
572:ハルヒ
Haruhi
573:「倉賀野さんが笑っていてくれると、自分は頑
574:張れますから」
575:b-momoka_a1
576:heart_r
577:倉賀野
Kurakano
578:「……ハルヒ君がそうおっしゃるなら、わた
579:くし……」
580:ハルヒ
Haruhi
581:「お願いしますね」
582:あんまり心配かけないようにしていかないと。
583:b-momoka_a1
584:switch
585:sure19
586:switch
587:どうするかは鏡夜先輩たちにまかせて、桜塚さ
588:んの接客に行こう。
589:bg32_a
590:b-kimiko_a1
591:b-kimiko_a1
592:b-kimiko_a1
593:桜塚
Sakurazuka
594:「なんだかまた大変みたいね……。わたしにも
595:何か、手伝えることがあればいいんだけど」
596:ハルヒ
Haruhi
597:「今日はみなさん、絢爛ホスト部に招待されて
598:いるだけですから大丈夫ですよ」
599:b-kimiko_a1
600:そう言ってみるけど、桜塚さんの表情は晴れな
601:い。それどころか、もっと思いつめたような感
602:じが……。
603:桜塚
Sakurazuka
604:「……ねえハルヒ君、お手伝いできることない
605:かな?」
606:ハルヒ
Haruhi
607:「…………」
608:心配してくれる気持ちはうれしいけど……。
609:お願いします
610:大丈夫です
611:switch
612:select
613:switch
614:sure13
615:switch
616:sure14
617:switch
618:桜塚
Sakurazuka
619:ハルヒ指名率
620:ハルヒ
Haruhi
621:「……それじゃあ、お願いしてもいいですか?」
622:b-kimiko_a1
623:桜塚
Sakurazuka
624:「はい、喜んで! 何でも言ってね、ハルヒ君」
625:……気持ちはうれしいけど、本当にお手伝いを
626:お願いするわけにはいかない。
627:ハルヒ
Haruhi
628:「今は、このまま側にいてください」
629:b-kimiko_a1
630:bikkuri1_r
631:桜塚
Sakurazuka
632:「え……? あの、それだけで?」
633:ハルヒ
Haruhi
634:「はい。自分の側にいてください」
635:b-kimiko_a1
636:heart_r
637:桜塚
Sakurazuka
638:「…………は、はい」
639:あんまり心配かけないようにしていかないと。
640:b-kimiko_a1
641:switch
642:sure19
643:switch
644:ハルヒ指名率
645:ハルヒ指名率
646:ハルヒ指名率
647:ハルヒ
Haruhi
648:「大丈夫ですよ」
649:本当に何かお願いするなんてできないし……。
650:b-kimiko_a1
651:桜塚
Sakurazuka
652:「……そう。ごめんなさい、余計なことを言っ
653:て」
654:ハルヒ
Haruhi
655:「あ、いえ、そんなことは……」
656:あ……。こんなときは、何かお願いしたほうが
657:良かったのかな。
658:b-kimiko_a1
659:桜塚
Sakurazuka
660:「じゃあ、お手伝いができることがあったら何
661:でも言ってね」
662:ハルヒ
Haruhi
663:「はい、そのときは」
664:あんまり心配かけないようにしていかないと。
665:b-kimiko_a1
666:switch
667:sure19
668:switch
669:どうするかは鏡夜先輩たちにまかせて、上賀茂
670:さんの接客に行こう。
671:bg32_a
672:b-tubaki_a1
673:b-tubaki_a1
674:b-tubaki_a1
675:上賀茂
Kamikamo
676:「お断りしましたけど、わたくしもお誘いを受け
677:ていましたの……」
678:ハルヒ
Haruhi
679:「そうなんですか……。でも、こちらに来てく
680:れるなんてうれしいです」
681:b-tubaki_a1
682:上賀茂
Kamikamo
683:「そんな、当然のことですわ。でも……」
684:b-tubaki_a1
685:上賀茂さんは、悲しそうな表情で部室を見渡し
686:て――。
687:上賀茂
Kamikamo
688:「落ち着いた雰囲気も、よろしいですわね。少
689:し寂しいですけれど……」
690:ため息をついてしまう。こんときは、どんなふ
691:うに声をかければいいのかな……。
692:しかたないです
693:このままで……
694:switch
695:select
696:switch
697:sure16
698:switch
699:sure17
700:switch
701:ハルヒ指名率
702:ハルヒ指名率
703:ハルヒ指名率
704:ハルヒ
Haruhi
705:「しかたないですよ」
706:別の学校にホスト部があって、招待を受けたら
707:誰だって気になると思うし……。
708:b-tubaki_a1
709:上賀茂
Kamikamo
710:「そうなんでしょうか……」
711:ハルヒ
Haruhi
712:「でも、少しの間だけですよ」
713:b-tubaki_a1
714:上賀茂
Kamikamo
715:「そうだといいのですけれど……」
716:上賀茂さんは不安そうな表情のまま、ため息ま
717:じりにつぶやく。
718:……心配かけないようにしていかないと。
719:b-tubaki_a1
720:switch
721:sure19
722:switch
723:上賀茂
Kamikamo
724:ハルヒ指名率
725:ハルヒ
Haruhi
726:「いえ、このままで」
727:b-tubaki_a1
728:yama_r
729:上賀茂
Kamikamo
730:「そんな、ハルヒくん……」
731:ハルヒ
Haruhi
732:「今日みたいな日だと、上賀茂さんと長く一緒
733:にいられますから」
734:b-tubaki_a1
735:heart_r
736:上賀茂
Kamikamo
737:「……ハルヒくん」
738:悲しそうだった上賀茂さんの表情が、ぱっと明
739:るく変わる。
740:……心配かけないようにしていかないと。
741:b-tubaki_a1
742:switch
743:sure19
744:switch
745:自分が接客しなくても大丈夫だよね、お客さん
746:も少ないし……。
747:最近、お菓子の棚の整理もさぼってたし……。
748:こんなときだから、普段はしないことを片付け
749:ておこう。
750:switch
751:sure19
752:switch
753:bg29_a
754:……。
755:いつもと雰囲気が違うせいか、倉賀野さんたち
756:もみんな帰っちゃって……。最後まで残ってい
757:るのは、レオさんたちだけ。
758:変な感じだなあと思ったとき――。
759:kyouya_a
760:kyouya_a
761:kyouya_a
762:鏡夜
Kyoya
763:「ハルヒ」
764:鏡夜先輩から手招きで呼ばれる。……なんだろ
765:う、みんなで集まってるし。
766:kyouya_a
767:ハルヒ
Haruhi
768:「どうしたんですか?」
769:b-kyouya_a1
770:b-kyouya_a1
771:b-kyouya_a1
772:鏡夜
Kyoya
773:「たいしたことではないんだがな」
774:鏡夜先輩はそう言うけど、ハニー先輩や光たち
775:を見ると、『たいしたこと』のように見える。
776:b-kyouya_a1
777:hikaru_a
778:hikaru_a
779:hikaru_a
780:ikari
781:光
Hikaru
782:「だから! 何でウチのメニューまで、野菜
783:メインになんの!?」
784:hikaru_a
785:tamaki_a
786:tamaki_a
787:tamaki_a
788:環
Tamaki
789:「……それは、レオが菜食主義だからというこ
790:ともあるのだが」
791:tamaki_a
792:kyouya_a
793:kyouya_a
794:kyouya_a
795:鏡夜
Kyoya
796:「食材のすべてが、絢爛学園から【無料で】提
797:供していただけるということでな」
798:あー、だから今日のおやつが野菜を使ったお菓
799:子やサンドイッチだったんだ。
800:hikaru_a
801:mitukuni_a
802:mitukuni_a
803:mitukuni_a
804:光邦
Mitsukuni
805:「でもね、僕……。お菓子は、あまいほうが
806:みんなもうれしいと思うの」
807:kyouya_a
808:鏡夜
Kyoya
809:「ベジタブルケーキには、ほど良く自然の甘味
810:がありますよ」
811:mitukuni_a
812:tamaki_a
813:tamaki_a
814:tamaki_a
815:環
Tamaki
816:「ふむ……。砂糖は一切使わずに、野菜独自の
817:甘さを引き出したヘルシーなケーキか……」
818:tamaki_a
819:kyouya_a
820:mitukuni_a
821:mitukuni_a
822:mitukuni_a
823:takashi_a
824:takashi_a
825:takashi_a
826:光邦
Mitsukuni
827:「う~……。そんなのやだよ、崇~」
828:環先輩の読み上げた新メニューの説明文に、ハ
829:ニー先輩は涙を浮かべる。
830:takashi_a
831:崇
Takashi
832:「……虫歯にならない」
833:mitukuni_a
834:bikkuri2_l
835:光邦
Mitsukuni
836:「……うわーん! 崇のバカー!!」
837:mitukuni_a
838:takashi_a
839:yama_l
840:崇
Takashi
841:「………………あ」
842:switch
843:takashi_a
844:kaoru_a
845:kaoru_a
846:kaoru_a
847:hikaru_a
848:hikaru_a
849:hikaru_a
850:光
Hikaru
851:「ほら、ハニー先輩だってイヤがってるし、ア
852:イツのだけ用意すればいいんじゃない?」
853:馨
Kaoru
854:「そうそう、メニューなんて変えなくても」
855:kaoru_a
856:hikaru_a
857:kyouya_a
858:kyouya_a
859:kyouya_a
860:鏡夜
Kyoya
861:「残念ながら食材の提供は、『すべてのメ
862:ニュー』を変更することが条件になっている」
863:にっこりと笑う鏡夜先輩。その笑顔に、光たち
864:も口を閉じる。
865:kyouya_a
866:tamaki_a
867:tamaki_a
868:tamaki_a
869:環
Tamaki
870:「という訳で皆の衆、いろいろと大変かもしれ
871:んが、よろしく頼むぞ」
872:tamaki_a
873:kaoru_a
874:kaoru_a
875:kaoru_a
876:hikaru_a
877:hikaru_a
878:hikaru_a
879:光
Hikaru
880:「…………」
881:馨
Kaoru
882:「…………」
883:kaoru_a
884:hikaru_a
885:mitukuni_a
886:mitukuni_a
887:mitukuni_a
888:takashi_a
889:takashi_a
890:takashi_a
891:光邦
Mitsukuni
892:「…………」
893:崇
Takashi
894:「…………」
895:モリ先輩が沈んでるのは、さっきのことだから
896:いいとして。光たちとハニー先輩は……。
897:mitukuni_a
898:takashi_a
899:b-kyouya_a1
900:b-kyouya_a1
901:b-kyouya_a1
902:鏡夜
Kyoya
903:「さて、こんなことを話していてもしかたない。
904:さっき話したように、それぞれテーブルへ別れ
905:るぞ」
906:b-kyouya_a1
907:b-kyouya_a2
908:b-kyouya_a2
909:b-kyouya_a2
910:鏡夜
Kyoya
911:「レオ君のテーブルには環と光、馨。王君のテー
912:ブルには、俺がつく。豪徳寺君のテーブルには、
913:先輩方にお願いします」
914:ハルヒ
Haruhi
915:「あれ? 自分はどこに……」
916:b-kyouya_a2
917:b-tamaki_a1
918:b-tamaki_a1
919:b-tamaki_a1
920:環
Tamaki
921:「ああ、ハルヒは好きなところを選んでいいぞ。
922:【好きな】ところをね」
923:ハルヒ
Haruhi
924:「そんなに言われなくても、自分のつくテーブ
925:ルくらいちゃんと選びますよ」
926:b-tamaki_a1
927:環
Tamaki
928:「そうか? それならいいのだが……」
929:b-tamaki_a1
930:まったく……。
931:レオさん
Léo-San
932:王さん
Wan-San
933:豪徳寺さん
Gotokuji-San
934:switch
935:select
936:switch
937:sure20
938:switch
939:sure21
940:switch
941:sure22
942:switch
943:環
Tamaki
944:光
Hikaru
945:馨
Kaoru
946:f3-2-119
947:環先輩だけだと、光と馨が暴走しそうで気にな
948:るから……。
949:ハルヒ
Haruhi
950:「レオさんのところに行きますよ」
951:kaoru_a
952:kaoru_a
953:kaoru_a
954:hikaru_a
955:hikaru_a
956:hikaru_a
957:effect1
958:光
Hikaru
959:「じゃあハルヒ、あとはよろしく」
960:effect1
961:馨
Kaoru
962:「僕らはもう帰るから」
963:kaoru_a
964:hikaru_a
965:tamaki_a
966:tamaki_a
967:tamaki_a
968:yama_r
969:effect1
970:環
Tamaki
971:「待てーーーーーい! おまえたちも来るん
972:だ!!」
973:さりげなく帰ろうとする2人を、環先輩が、が
974:しっと捕まえる。
975:tamaki_a
976:kaoru_a
977:kaoru_a
978:kaoru_a
979:hikaru_a
980:hikaru_a
981:hikaru_a
982:光&馨
Hikaru & Kaoru
983:「やだやだ! いきたくなーい!!」
984:レオさんのテーブルにつく前からこんな調子で、
985:大丈夫なのかなあ。
986:kaoru_a
987:hikaru_a
988:bg32_a
989:……。
990:leo_a
991:leo_a
992:leo_a
993:レオ
Léo
994:「……環がいなかったら、ボクは大ケガしてた
995:ね」
996:leo_a
997:tamaki_a
998:tamaki_a
999:tamaki_a
1000:環
Tamaki
1001:「あのときか……。小鳥のヒナを巣に戻そうと
1002:して、木から落ちたんだったな」
1003:leo_a
1004:レオ
Léo
1005:「あのあと父さんにバレて、2人で一緒に怒ら
1006:れたね」
1007:tamaki_a
1008:leo_a
1009:kaoru_a
1010:kaoru_a
1011:kaoru_a
1012:hikaru_a
1013:hikaru_a
1014:hikaru_a
1015:uneune_l
1016:uneune_r
1017:楽しそうに昔の話で盛り上がっているのは、環
1018:先輩とレオさんだけで……。光と馨はムッとし
1019:た表情のまま。
1020:……少しくらい周りのことも考えて欲しいんだ
1021:けど。
1022:kaoru_a
1023:hikaru_a
1024:tamaki_a
1025:tamaki_a
1026:tamaki_a
1027:環
Tamaki
1028:「光、馨。俺とレオのエピソードが聞ける貴重
1029:な機会だぞ? 何か聞きたいことがあったら、
1030:質問してもいいんだぞ?」
1031:kaoru_a
1032:hikaru_a
1033:光&馨
Hikaru & Kaoru
1034:「別に聞きたくありませーん」
1035:switch
1036:kaoru_a
1037:hikaru_a
1038:tamaki_a
1039:tamaki_a
1040:環
Tamaki
1041:「………………」
1042:ときどき環先輩が話題をふるけど、光たちはずっ
1043:とあの調子。環先輩がため息をつきたくなる気
1044:持ちは良くわかる。
1045:tamaki_a
1046:leo_a
1047:leo_a
1048:leo_a
1049:レオ
Léo
1050:「……ずいぶん、嫌われちゃったね」
1051:レオさんは、寂しそうにつぶやいた。
1052:leo_a
1053:レオ
Léo
1054:「昨夜、電話で環から2人のことを聞いて、
1055:おしゃべりが楽しみだったんだけどな……」
1056:leo_a
1057:hikaru_a
1058:hikaru_a
1059:hikaru_a
1060:光
Hikaru
1061:「見分けもつかないくせに、テキトーなこと言
1062:わないでよね」
1063:leo_a
1064:tamaki_a
1065:tamaki_a
1066:tamaki_a
1067:環
Tamaki
1068:「光、いい加減に……」
1069:tamaki_a
1070:hikaru_a
1071:kaoru_a
1072:kaoru_a
1073:kaoru_a
1074:馨
Kaoru
1075:「やっぱり殿は、そっちの味方なんだね」
1076:kaoru_a
1077:hikaru_a
1078:光
Hikaru
1079:「僕たちのことより大切なんだ」
1080:tamaki_a
1081:環
Tamaki
1082:「味方とかどっちが大事とか、そういう話をし
1083:てるんじゃない。俺はだな……」
1084:kaoru_a
1085:hikaru_a
1086:光&馨
Hikaru & Kaoru
1087:「もーいいよ」
1088:tamaki_a
1089:環
Tamaki
1090:「あのなあ……」
1091:tamaki_a
1092:kaoru_a
1093:hikaru_a
1094:leo_a
1095:leo_a
1096:leo_a
1097:不満そうな光たちとすっかり困った様子の環先
1098:輩を、レオさんは笑顔で見つめている。
1099:レオ
Léo
1100:「環が、うらやましいな」
1101:leo_a
1102:tamaki_a
1103:tamaki_a
1104:tamaki_a
1105:環
Tamaki
1106:「……え?」
1107:leo_a
1108:レオ
Léo
1109:「みんな仲が良さそうだから。絢爛のホスト部
1110:は、まだバラバラなんだよ」
1111:leo_a
1112:レオ
Léo
1113:「王と由綱だって、プライベートだと……、
1114:一緒に遊んでくれないし……」
1115:tamaki_a
1116:環
Tamaki
1117:「大丈夫。レオならきっと、うまくやっていけ
1118:る」
1119:switch
1120:leo_a
1121:レオ
Léo
1122:「……そうかな」
1123:tamaki_a
1124:環
Tamaki
1125:「よくみんなを、ウチに連れてきてくれたじゃ
1126:ないか」
1127:leo_a
1128:レオ
Léo
1129:「声をかけたのはボクだけど、みんな環に会い
1130:たいから集まっただけだよ。それに、ほら――」
1131:tamaki_a
1132:bou_r
1133:環
Tamaki
1134:「ん、ああ……。ジョゼットだな? クッキー
1135:を焼くたびに持ってきてくれたなあ」
1136:leo_a
1137:レオ
Léo
1138:「ジョゼットのこと、覚えてたんだ?」
1139:tamaki_a
1140:環
Tamaki
1141:「あれだけ親切にしてもらって、忘れるなんて
1142:できるわけないだろう。彼女は、レオの幼なじ
1143:みでもあるしな」
1144:leo_a
1145:レオ
Léo
1146:「あ、あのね! ジョゼットはすごくきれいに
1147:なったし、お菓子だけじゃなくて料理もうまく
1148:なったんだよ!」
1149:tamaki_a
1150:環
Tamaki
1151:「へえ……」
1152:tamaki_a
1153:leo_a
1154:そこから話はフランスに住んでいた頃に戻って
1155:いった。
1156:楽しそうに話す2人を眺めて、自分はずっと聞
1157:いているだけだった。
1158:switch
1159:sure23
1160:switch
1161:鏡夜
Kyoya
1162:f3-2-120
1163:王さんと鏡夜先輩の組みあわせって、なぜか少
1164:し危険な感じがするんだね……。
1165:自分が一緒にいるからって、何かあったときに
1166:どうにかできるとは思わないけど……。
1167:ハルヒ
Haruhi
1168:「鏡夜先輩と一緒に、王さんのところに行きま
1169:す」
1170:kyouya_a
1171:kyouya_a
1172:kyouya_a
1173:effect1
1174:鏡夜
Kyoya
1175:「……そうか。では行こうか」
1176:bg32_a
1177:kyouya_a
1178:……。
1179:ron_a
1180:ron_a
1181:ron_a
1182:王
Wan
1183:「……桜蘭の部室は、落ち着いたいい雰囲気で
1184:すね。インテリアも悪くありません」
1185:ron_a
1186:kyouya_a
1187:kyouya_a
1188:kyouya_a
1189:鏡夜
Kyoya
1190:「恐れ入ります。私どもも、参考までにそちら
1191:の部室を拝見させていただければ、と思ってお
1192:りますよ」
1193:ron_a
1194:王
Wan
1195:「いえいえ、参考になどとても……」
1196:ぜんぜん会話に入れないっていうか、見えない
1197:ところで火花が散っているような気がするんで
1198:すけど……。
1199:kyouya_a
1200:鏡夜
Kyoya
1201:「そういえば、レオ君も環と似て自由に行動す
1202:るタイプのようですね」
1203:ron_a
1204:王
Wan
1205:「ふふ……、そうですね。こちらの予定なども
1206:考えないので、手を焼いていますよ」
1207:kyouya_a
1208:鏡夜
Kyoya
1209:「……ですがその部分は、補佐役の実力しだい
1210:で魅力にもなれば、欠点にもなります」
1211:ron_a
1212:bikkuri1_l
1213:王
Wan
1214:「それはつまり、手を焼いているのは私の実力
1215:不足……、と?」
1216:kyouya_a
1217:鏡夜
Kyoya
1218:「いえいえ、そんなことは決して」
1219:ron_a
1220:王
Wan
1221:「…………」
1222:kyouya_a
1223:鏡夜
Kyoya
1224:「…………」
1225:ここにいるのが、だんだん怖くなってきた……。
1226:少しでもいいからここを離れたい。えっと、何
1227:か席を離れる口実は……。
1228:……あ、そうだ。
1229:ハルヒ
Haruhi
1230:「あの、何か冷たい物を持ってきますね」
1231:そう言って席を離れようとすると――。
1232:switch
1233:ron_a
1234:王
Wan
1235:「いえ、必要ありません」
1236:ハルヒ
Haruhi
1237:「……はい」
1238:#Color[7]#Scale[1.8]脱走失敗
1239:そこまではっきり言われてしまうと、これ以上
1240:何もすすめられない。
1241:ron_a
1242:王
Wan
1243:「……トップを選ぶ権利はありませんからね。
1244:まあ、所詮はただの部活動。私と鳳君は今後、
1245:経済の一翼を担う立場なわけですし――」
1246:ron_a
1247:そこで王さんは、ニヤッと笑う。
1248:王
Wan
1249:「ああ、失礼。鳳君にはお兄様がいらっしゃる
1250:から、どうあがいても鳳家は継げないんでした
1251:ね」
1252:kyouya_a
1253:鏡夜
Kyoya
1254:「…………」
1255:ハルヒ
Haruhi
1256:「そんなこと、関係ないんじゃないですか?」
1257:誰が家を継ぐとか、そんなことはよくわからな
1258:いけど、王さんの言っていることはおかしいと
1259:思う。
1260:ron_a
1261:王
Wan
1262:「ふん……、庶民には理解できないかな?」
1263:ハルヒ
Haruhi
1264:「どういう意味ですか?」
1265:kyouya_a
1266:鏡夜
Kyoya
1267:「王君が人の上に立つ人間というなら、もう少
1268:し『眼』を養ったほうがいいんじゃないかな」
1269:ron_a
1270:王
Wan
1271:「ほう……。つまり、鳳君はこの庶民に価値を
1272:見出していると?」
1273:kyouya_a
1274:eye
1275:鏡夜
Kyoya
1276:「僕の意見を聞いてどうするんですか? それ
1277:では、自分で判断できないと言ってることと同
1278:じですよ」
1279:ron_a
1280:王
Wan
1281:「――くっ」
1282:最悪の雰囲気になっちゃったなあ……。ほかの
1283:テーブルは大丈夫なのかな。
1284:kyouya_a
1285:ron_a
1286:switch
1287:sure23
1288:switch
1289:光邦
Mitsukuni
1290:崇
Takashi
1291:f3-2-121
1292:別にどこでもいいんだけど、モリ先輩と豪徳寺
1293:さんがにらみ合ってたことが気になるから……。
1294:ハルヒ
Haruhi
1295:「豪徳寺さんのテーブルに行きますね」
1296:mitukuni_a
1297:mitukuni_a
1298:mitukuni_a
1299:takashi_a
1300:takashi_a
1301:takashi_a
1302:effect1
1303:光邦
Mitsukuni
1304:「わーい! ハルちゃんと一緒だ~」
1305:takashi_a
1306:effect1
1307:崇
Takashi
1308:「……行くぞ」
1309:takashi_a
1310:mitukuni_a
1311:bikkuri1_r
1312:光邦
Mitsukuni
1313:「あー、待ってよ崇」
1314:mitukuni_a
1315:モリ先輩が先に歩いていくなんて、なんだかい
1316:つもと違うような気が……。
1317:bg32_a
1318:……。
1319:mitukuni_a
1320:mitukuni_a
1321:mitukuni_a
1322:光邦
Mitsukuni
1323:「ケーキ、やっぱり甘くない……」
1324:険悪な雰囲気のなか、ベジタブルケーキをつつ
1325:いて、ハニー先輩はため息をつく。
1326:mitukuni_a
1327:takashi_a
1328:takashi_a
1329:takashi_a
1330:yoshituna_a
1331:yoshituna_a
1332:yoshituna_a
1333:崇
Takashi
1334:「…………」
1335:豪徳寺
Gotokuji
1336:「…………」
1337:なんとなく予想はしてたけど、モリ先輩と豪徳
1338:寺さんは、視線をそらすことなくにらみ合って
1339:いる。
1340:……ハニー先輩がここにいなかったらって考え
1341:ると、ものすごく怖い。
1342:takashi_a
1343:mitukuni_a
1344:mitukuni_a
1345:mitukuni_a
1346:hani1
1347:光邦
Mitsukuni
1348:「ねえ、ゴーちゃん。あ、ゴーちゃんでいいよ
1349:ね? だってゴーちゃんだもんね」
1350:yoshituna_a
1351:bikkuri1_r
1352:豪徳寺
Gotokuji
1353:「……ああ?」
1354:mitukuni_a
1355:光邦
Mitsukuni
1356:「ケーキ食べる? 僕のぶんも分けてあげる~」
1357:yoshituna_a
1358:豪徳寺
Gotokuji
1359:「必要ない」
1360:mitukuni_a
1361:光邦
Mitsukuni
1362:「じゃあ、僕のうさちゃん貸してあげよっか?」
1363:yoshituna_a
1364:豪徳寺
Gotokuji
1365:「……チッ」
1366:yoshituna_a
1367:yoshituna_a
1368:mitukuni_a
1369:mitukuni_a
1370:mitukuni_a
1371:b-mitukuni_a1
1372:b-mitukuni_a1
1373:b-mitukuni_a1
1374:光邦
Mitsukuni
1375:「ふえ……。ゴーちゃんが怒ったあ~」
1376:switch
1377:ハニー先輩が涙を浮かべてすがりついてくる。
1378:ハルヒ
Haruhi
1379:「だ、大丈夫ですよ、ハニー先輩」
1380:モリ先輩がなんとかしてくれるとは思えないし、
1381:このままだったらどうしよう……。
1382:b-mitukuni_a1
1383:yoshituna_a
1384:yoshituna_a
1385:yoshituna_a
1386:豪徳寺
Gotokuji
1387:「くだらない警護だと思っていたが、銛之塚に
1388:会えるとはな……」
1389:yoshituna_a
1390:takashi_a
1391:takashi_a
1392:takashi_a
1393:崇
Takashi
1394:「…………」
1395:yoshituna_a
1396:豪徳寺
Gotokuji
1397:「手合わせを」
1398:takashi_a
1399:崇
Takashi
1400:「……戦う理由がない」
1401:yoshituna_a
1402:豪徳寺
Gotokuji
1403:「必要なら作るまでだ」
1404:なんだろう、豪徳寺さんはモリ先輩じゃなくて
1405:『銛之塚』っていう家柄に敵対心があるような
1406:感じがする。
1407:いや、そんなこと冷静に考えてる場合じゃなくっ
1408:て……。
1409:ハルヒ
Haruhi
1410:「モリ先輩も豪徳寺さんも、落ち着いてくださ
1411:い」
1412:止められそうなうちに、環先輩とレオさんに知
1413:らせておいたほうがいいのかもと思ったとき。
1414:takashi_a
1415:mitukuni_a
1416:mitukuni_a
1417:mitukuni_a
1418:光邦
Mitsukuni
1419:「ねえ、どうしてそんなに戦いたいの?」
1420:ハニー先輩が2人の間に入った。
1421:yoshituna_a
1422:豪徳寺
Gotokuji
1423:「俺にとって、強さはすべてだ……。それは銛
1424:之塚も同じくだろう」
1425:mitukuni_a
1426:光邦
Mitsukuni
1427:「崇にそんな気持ち、わかんないよ」
1428:モリ先輩の代わりに、ハニー先輩が答える。
1429:yoshituna_a
1430:豪徳寺
Gotokuji
1431:「……なんだと?」
1432:mitukuni_a
1433:光邦
Mitsukuni
1434:「それにね、目に見える強さだけにこだわって
1435:る人は、崇にぜったい勝てないよ」
1436:switch
1437:yoshituna_a
1438:豪徳寺
Gotokuji
1439:「……どういう意味だ?」
1440:mitukuni_a
1441:光邦
Mitsukuni
1442:「力の差だけが『強さ』じゃないってことだよ」
1443:豪徳寺さんの言う強さと、ハニー先輩の言う強
1444:さって、ぜんぜん別のことを言ってるみたいに
1445:聞こえる……。
1446:ハルヒ
Haruhi
1447:「……『強さ』って何でしょう?」
1448:そうつぶやくと、みんなの視線が一気に自分に
1449:集まる。
1450:ハルヒ
Haruhi
1451:「武道には詳しくないので、よくわからないん
1452:ですけど、『強さ』っていろいろあるみたいな
1453:感じがするんです」
1454:mitukuni_a
1455:光邦
Mitsukuni
1456:「ハルちゃん、わかってるねえ」
1457:ハルヒ
Haruhi
1458:「……はあ、そうなんですか?」
1459:mitukuni_a
1460:光邦
Mitsukuni
1461:「うん! 僕も前はわからなかったんだけ
1462:ど――」
1463:17
1464:mitukuni_a
1465:光邦
Mitsukuni
1466:「あのとき、タマちゃんとお話してから、いろ
1467:いろわかったんだよねえ」
1468:……何でそこで環先輩が出てくるんでしょうか?
1469:mitukuni_a
1470:yoshituna_a
1471:豪徳寺
Gotokuji
1472:「…………わけがわからん」
1473:豪徳寺さんはそう言うと、それっきり黙ってし
1474:まった。
1475:……手合わせが始まらなくて良かったけど、こ
1476:れからもこんな心配が続くのかなあ。
1477:mitukuni_a
1478:yoshituna_a
1479:switch
1480:sure23
1481:switch
1482:bg29_b
1483:……。
1484:ハルヒ
Haruhi
1485:「な……、長かった……」
1486:レオさんたちを送り出して、ようやくひと息。
1487:こんなに時間を長く感じたのは、久しぶりかも
1488:しれない。
1489:こんなのが毎日続くかと思うと、ため息しか出
1490:ない。
1491:みんなはどうだったのかな……。
1492:環先輩
1493:鏡夜先輩
1494:光
Hikaru
1495:馨
Kaoru
1496:ハニー先輩
1497:モリ先輩
1498:switch
1499:select
1500:switch
1501:sure24
1502:switch
1503:sure25
1504:switch
1505:sure26
1506:switch
1507:sure27
1508:switch
1509:sure28
1510:switch
1511:sure29
1512:switch
1513:環
Tamaki
1514:グラフキャラ
1515:環先輩に話しかけてみよう。
1516:bg76_b
1517:b-tamaki_a1
1518:b-tamaki_a1
1519:b-tamaki_a1
1520:ハルヒ
Haruhi
1521:「環先輩、あの――」
1522:b-tamaki_a1
1523:bou_r
1524:effect1
1525:環
Tamaki
1526:「ハルヒ、ちょうど良かった。ちょっと相談な
1527:のだが……。絢爛の姫君も、こちらにご招待す
1528:るべきではないかな?」
1529:b-tamaki_a1
1530:b-tamaki_a2
1531:b-tamaki_a2
1532:b-tamaki_a2
1533:環
Tamaki
1534:「絢爛ホスト部では、桜蘭の姫君をもてなし、
1535:食材の提供までしてくれているだろう」
1536:ハルヒ
Haruhi
1537:「それは確かに……」
1538:ただ、ホスト部にとっては完全にマイナスに働
1539:いているんですけど……。
1540:b-tamaki_a2
1541:環
Tamaki
1542:「そうだろ? やはり、こちらばかりお世話に
1543:なっていては申し訳ないよなあ……」
1544:こんな状況なのに、そんなことを考えてるなん
1545:て……。
1546:ハルヒ
Haruhi
1547:「環先輩はすごいですね」
1548:b-tamaki_a2
1549:環
Tamaki
1550:「え? 何が?」
1551:ハルヒ
Haruhi
1552:「……何がでしょうね」
1553:あんまりほめると調子に乗りそうだから、適当
1554:に流しておこう。
1555:b-tamaki_a2
1556:switch
1557:sure30
1558:switch
1559:鏡夜
Kyoya
1560:グラフキャラ
1561:鏡夜先輩に話しかけてみよう。
1562:bg76_b
1563:b-kyouya_a2
1564:b-kyouya_a2
1565:b-kyouya_a2
1566:ハルヒ
Haruhi
1567:「あの、鏡夜先輩」
1568:b-kyouya_a2
1569:鏡夜
Kyoya
1570:「ん、どうした?」
1571:ハルヒ
Haruhi
1572:「あんなに雰囲気悪かったのに、どうしてそん
1573:なに楽しそうなんですか?」
1574:b-kyouya_a2
1575:b-kyouya_a1
1576:b-kyouya_a1
1577:b-kyouya_a1
1578:effect1
1579:鏡夜
Kyoya
1580:「予想以上におもしろくなりそうだからな」
1581:鏡夜先輩は楽しそうだけど、自分にとってはまっ
1582:たく反対のような気がするなあ……。
1583:b-kyouya_a1
1584:b-kyouya_a3
1585:b-kyouya_a3
1586:b-kyouya_a3
1587:鏡夜
Kyoya
1588:「心配しなくても、すぐにわかる」
1589:別の意味でものすごく心配なんですけどね……。
1590:この先、いったい何が起こるんだろう。
1591:b-kyouya_a3
1592:switch
1593:sure30
1594:switch
1595:光
Hikaru
1596:グラフキャラ
1597:光に話しかけてみよう。
1598:bg28_b
1599:b-hikaru_a1
1600:b-hikaru_a1
1601:b-hikaru_a1
1602:光
Hikaru
1603:「もーやってらんないってカンジ」
1604:声をかけるようと近づいた途端、光はため息ま
1605:じりに言う。
1606:ハルヒ
Haruhi
1607:「今日は大変だったからね」
1608:b-hikaru_a1
1609:光
Hikaru
1610:「もう2度と来なくていいっつーの。ったく、
1611:あいつらが来なくなるまで、しばらく休もうか
1612:な……」
1613:ハルヒ
Haruhi
1614:「休むことないんじゃないの」
1615:b-hikaru_a1
1616:b-hikaru_a2
1617:b-hikaru_a2
1618:b-hikaru_a2
1619:光
Hikaru
1620:「あれー? 僕がいないと寂しい?」
1621:ハルヒ
Haruhi
1622:「うーん……、寂しくないって言ったらウソに
1623:なるかな」
1624:b-hikaru_a2
1625:effect1
1626:光
Hikaru
1627:「……ハルヒ」
1628:ハルヒ
Haruhi
1629:「でも、本当にイヤなら環先輩に話してからな
1630:ら、休んでもいいと思うよ」
1631:b-hikaru_a2
1632:光
Hikaru
1633:「おー……」
1634:適当に返事をされた気もするけど、なんとなく
1635:光の機嫌は少しだけ良くなったような気がする。
1636:b-hikaru_a2
1637:switch
1638:sure30
1639:switch
1640:馨
Kaoru
1641:グラフキャラ
1642:馨に話しかけてみよう。
1643:bg28_b
1644:b-kaoru_a1
1645:b-kaoru_a1
1646:b-kaoru_a1
1647:馨
Kaoru
1648:「…………ふう」
1649:ハルヒ
Haruhi
1650:「……どうしたの、馨」
1651:b-kaoru_a1
1652:馨
Kaoru
1653:「あ、ハルヒ……。光がさ、レオさんたちが来
1654:なくなるまで休もうって」
1655:ハルヒ
Haruhi
1656:「そうなんだ……」
1657:そんなにレオさんたちのことがイヤなんだ……。
1658:b-kaoru_a1
1659:馨
Kaoru
1660:「顔も見たくないってさ」
1661:ハルヒ
Haruhi
1662:「でも、そんなに嫌わなくてもいいんじゃない
1663:かな」
1664:b-kaoru_a1
1665:b-kaoru_a2
1666:b-kaoru_a2
1667:b-kaoru_a2
1668:馨
Kaoru
1669:「嫌ってるっていうか……、僕たちの世界は、
1670:2人だけだったから――」
1671:b-kaoru_a2
1672:19
1673:馨
Kaoru
1674:「だけど、あのとき……」
1675:11
1676:馨
Kaoru
1677:「そう、あのときから僕らの世界には――」
1678:ハルヒ
Haruhi
1679:「え?」
1680:b-kaoru_a2
1681:b-kaoru_a1
1682:b-kaoru_a1
1683:b-kaoru_a1
1684:effect1
1685:馨
Kaoru
1686:「ううん、何でもない……。光はちょっとムカ
1687:ついてるだけだよ」
1688:光のことも気になるけど、馨は大丈夫なのか
1689:な……。
1690:b-kaoru_a1
1691:switch
1692:sure30
1693:switch
1694:光邦
Mitsukuni
1695:グラフキャラ
1696:ハニー先輩に話しかけてみよう。
1697:bg32_b
1698:b-mitukuni_a3
1699:b-mitukuni_a3
1700:b-mitukuni_a3
1701:光邦
Mitsukuni
1702:「ハルちゃーん!!」
1703:ハルヒ
Haruhi
1704:「どうしたんですか、ハニー先輩?」
1705:b-mitukuni_a3
1706:b-mitukuni_a1
1707:b-mitukuni_a1
1708:b-mitukuni_a1
1709:光邦
Mitsukuni
1710:「もうやだよ~。ケーキが、ちっとも甘くない
1711:よお~」
1712:ハルヒ
Haruhi
1713:「落ち着いてください、ハニー先輩……」
1714:b-mitukuni_a1
1715:光邦
Mitsukuni
1716:「ねえハルちゃん、これは誰のせい? 誰が悪
1717:いの……?」
1718:ハルヒ
Haruhi
1719:「いえ、別に誰が悪いということは……」
1720:b-mitukuni_a1
1721:b-mitukuni_a3
1722:b-mitukuni_a3
1723:b-mitukuni_a3
1724:甘いケーキが足りないせいか、ハニー先輩の考
1725:え方が悪い方向に……。このままじゃマズイ気
1726:がする。
1727:ハルヒ
Haruhi
1728:「あ、そうだ」
1729:確かポケットに……。
1730:ハルヒ
Haruhi
1731:「はい、どうぞ。昨日もらったんですよ。チョ
1732:コレートの試供品です」
1733:b-mitukuni_a3
1734:チョコレートを手渡すと、ハニー先輩の目が輝
1735:き出す。
1736:big_hani1
1737:光邦
Mitsukuni
1738:「わーーーい」
1739:笑顔でチョコをぱくっとひと口――。
1740:b-mitukuni_a3
1741:effect1
1742:光邦
Mitsukuni
1743:「おいし~~い♪」
1744:と、幸せそうな声を上げる。
1745:b-mitukuni_a3
1746:b-mitukuni_a1
1747:b-mitukuni_a1
1748:b-mitukuni_a1
1749:でも、すぐにまた悲しそうな表情に戻ってしま
1750:う。
1751:光邦
Mitsukuni
1752:「明日のケーキも……、甘くないんだよねえ」
1753:メニューが元に戻るまで、ハニー先輩にとって
1754:は過酷な毎日なんだなあ……。
1755:b-mitukuni_a1
1756:switch
1757:sure30
1758:switch
1759:崇
Takashi
1760:グラフキャラ
1761:モリ先輩に話しかけてみよう。
1762:bg32_b
1763:b-takashi_a1
1764:b-takashi_a1
1765:b-takashi_a1
1766:ハルヒ
Haruhi
1767:「何か心配ごとですか?」
1768:b-takashi_a1
1769:崇
Takashi
1770:「…………ああ」
1771:何か考えごとをしている様子のモリ先輩に、声
1772:をかけてみたけど、返事は予想通り――。
1773:ハルヒ
Haruhi
1774:「……え? 今、『ああ』って!?」
1775:b-takashi_a1
1776:こくんとモリ先輩はうなずいた。
1777:……びっくりした。それにしてもモリ先輩の
1778:心配ごとってなんだろう?
1779:ハルヒ
Haruhi
1780:「どうかしたんですか?」
1781:b-takashi_a1
1782:b-takashi_a2
1783:b-takashi_a2
1784:b-takashi_a2
1785:崇
Takashi
1786:「実は…………」
1787:ハルヒ
Haruhi
1788:「……実は?」
1789:b-takashi_a2
1790:崇
Takashi
1791:「光邦が、紅茶に砂糖を10杯ほど入れて飲ん
1792:でいたそうだ……」
1793:ハルヒ
Haruhi
1794:「はあ……」
1795:b-takashi_a2
1796:b-takashi_a3
1797:b-takashi_a3
1798:b-takashi_a3
1799:崇
Takashi
1800:「光邦が、総入れ歯にでもなったら……」
1801:ハルヒ
Haruhi
1802:「あの、それは大丈夫だと思いますよ」
1803:b-takashi_a3
1804:崇
Takashi
1805:「……そうなのか」
1806:ハルヒ
Haruhi
1807:「でも、体には悪いと思いますから、半分くら
1808:いに減らしたほうがいいですよ」
1809:b-takashi_a3
1810:b-takashi_a1
1811:b-takashi_a1
1812:b-takashi_a1
1813:effect1
1814:崇
Takashi
1815:「…………ああ、そうしよう」
1816:b-takashi_a1
1817:switch
1818:sure30
1819:switch
1820:bg29_b
1821:b-tamaki_a1
1822:b-tamaki_a1
1823:b-tamaki_a1
1824:環
Tamaki
1825:「今日の営業はこれまでだな。皆の衆、ご苦労」
1826:b-tamaki_a1
1827:なんだかすっきりしないまま時間は過ぎて、部
1828:活が終わる時間になった。
1829:環先輩の声に帰る用意をはじめるけど、みんな
1830:どこか疲れているように見える。
1831:これが毎日続くかと思うだけで、よけいに疲れ
1832:てくるような気がする……。
1833:switch
1834:sure31
1835:switch
1836:bg43_c
1837:絢爛ホスト部にお客さんが招待されたから、営
1838:業自体は暇だったんだけど……。
1839:レオさんたちとのことで気疲れしたって感じか
1840:なあ。
1841:あんまり変わりはないと思うけど、パソコンの
1842:チェックをしておこう。
1843:グラフ経過
1844:明日はいつも通りのホスト部だといいんだけど、
1845:そんなわけないんだよね。
1846:……またいろいろあるんだろうけど、頑張らな
1847:いとね。
1848:さ、今日はもう寝よう。
1849:switch
1850:sure32
1851:switch
1852:switch