0:switch
1:bg19_a
2:女子生徒1
Female Student 1
3:「……本当ですの!?」
4:女子生徒2
Female Student 2
5:「ホスト部が……」
6:……え? 今ホスト部って聞こえたけど。
7:女子生徒3
Female Student # 3
8:「そんな、信じられない! まさかホスト部が
9:廃部だなんて!」
10:#Scale[1.4]廃部!?
11:つい大声が出そうになって、自分の口を押さえ
12:る。
13:……廃部だなんて、そんなこと……。
14:今の話が本当かどうか聞いてみようと思ったと
15:き――。
16:b-sayuri_a2
17:b-sayuri_a2
18:b-sayuri_a2
19:小百合
Sayuri
20:「ハルちゃん」
21:ハルヒ
Haruhi
22:「小百合……、どうかしたの?」
23:b-sayuri_a2
24:小百合
Sayuri
25:「落ち着いて聞いてね」
26:小百合の真剣な声に、黙ってうなずく。
27:b-sayuri_a2
28:小百合
Sayuri
29:「……さっき掲示板に、ホスト部の廃部を決定
30:するって告知が出たの」
31:ハルヒ
Haruhi
32:「そんな――」
33:b-sayuri_a2
34:小百合
Sayuri
35:「残念だけど……」
36:自分は――、何も聞いてない。そう思ったとき、
37:ポケットの携帯電話が震えた。
38:ハルヒ
Haruhi
39:「ごめん、ちょっと……」
40:b-sayuri_a2
41:小百合
Sayuri
42:「ハルちゃん……」
43:小百合の泣き出しそうな声が、小さく聞こえた。
44:bg09_a
45:ハルヒ
Haruhi
46:「……はい、藤岡です」
47:……。
48:switch
49:…………。
50:ハルヒ
Haruhi
51:「……どうしてですか? また、自分をからかっ
52:て……」
53:…………。
54:ハルヒ
Haruhi
55:「ねえ、環先輩……。ウソだって、言ってくだ
56:さいよ……」
57:環
Tamaki
58:「……ごめんな、ハルヒ」
59:…………。
60:環先輩の悲しそうな声に……、自分は返事をす
61:ることもできなかった――。
62:こんなことになるなんて……。
63:ev8030
64: 
65:switch
66:switch
67:bg52
68:bg16_a
69:#Color[7]#Scale[1.8]お昼休み
70:今日は寝坊してお弁当を持ってきてないから、
71:光と馨に誘われたら、食堂に行こうって思って
72:たのに――。
73:光と馨は、風邪で2人とも休み。……とりあえ
74:ず食堂でパンを買って、中庭でのんびり食べよ
75:う。
76:f2-1-114
77:switch
78:sure2
79:f2-1-115
80:switch
81:sure3
82:f2-1-116
83:switch
84:sure4
85:switch
86:sure5
87:switch
88:そう思って教室を出ようとすると――。
89:momoka_a
90:momoka_a
91:momoka_a
92:倉賀野
Kurakano
93:「……ハルヒ君」
94:ハルヒ
Haruhi
95:「はい?」
96:momoka_a
97:b-momoka_a1
98:b-momoka_a1
99:b-momoka_a1
100:倉賀野
Kurakano
101:「…………あの」
102:ハルヒ
Haruhi
103:「何か――」
104:倉賀野
Kurakano
105:「ハ、ハルヒ君に食べてもらおうと思って……。
106:これ、お弁当!」
107:言い終わるよりも早く、倉賀野さんから大きな
108:バスケットを手渡される。
109:ハルヒ
Haruhi
110:「自分に?」
111:こくん、と倉賀野さんがうなずく。
112:b-momoka_a1
113:倉賀野
Kurakano
114:「ハルヒ君が毎日お弁当を作ってるって聞いた
115:ときから、ずっと考えていて――」
116:b-momoka_a1
117:倉賀野
Kurakano
118:「だから、良かったら……」
119:そういえば、そんな話をしたことが……。
120:ハルヒ
Haruhi
121:「覚えててくれたんだ。ありがとうございます。
122:せっかくだから――」
123:b-momoka_a1
124:倉賀野
Kurakano
125:「はいっ、それじゃあ、わたくしはこれで!」
126:b-momoka_a1
127:タタタタタ……。
128:…………。
129:一緒に食べようって誘うつもりだったんだけ
130:ど……。しょうがない、ひとりで食べよう。
131:switch
132:sure6
133:switch
134:そう思って教室を出ようとすると――。
135:kimiko_a
136:kimiko_a
137:kimiko_a
138:桜塚
Sakurazuka
139:「ハルヒ君、ちょっといいかな?」
140:ハルヒ
Haruhi
141:「はい?」
142:kimiko_a
143:b-kimiko_a1
144:b-kimiko_a1
145:b-kimiko_a1
146:桜塚
Sakurazuka
147:「あのね、ハルヒ君が迷惑でなければ、なんだ
148:けど……」
149:桜塚さんは、恥ずかしそうに小さな包みを差し
150:出す。
151:桜塚
Sakurazuka
152:「クッキー、もらってくれるかな?」
153:ハルヒ
Haruhi
154:「自分に?」
155:b-kimiko_a1
156:桜塚
Sakurazuka
157:「……ほら、この間お菓子の話をしたとき、クッ
158:キーは好きだって言ってたから」
159:ハルヒ
Haruhi
160:「あ……、そういえばそうですね」
161:b-kimiko_a1
162:桜塚
Sakurazuka
163:「わたし、クッキーは得意だから……」
164:ハルヒ
Haruhi
165:「覚えててくれたんだ、ありがとう」
166:b-kimiko_a1
167:桜塚
Sakurazuka
168:「それじゃあ、ランチのあとにでも食べてね!」
169:b-kimiko_a1
170:タタタタタ……。
171:…………。
172:一緒にお昼を食べませんかって、誘おうと思っ
173:たのに……。
174:switch
175:sure6
176:switch
177:そう思って教室を出ようとすると――。
178:tubaki_a
179:tubaki_a
180:tubaki_a
181:上賀茂
Kamikamo
182:「ハルヒくん。少し、よろしいかしら?」
183:ハルヒ
Haruhi
184:「はい?」
185:ちょうどやってきた上賀茂さんに声をかけられ
186:た。自分の教室に来るなんて、どうしたんだろ
187:う?
188:tubaki_a
189:b-tubaki_a1
190:b-tubaki_a1
191:b-tubaki_a1
192:上賀茂
Kamikamo
193:「お呼び止めしてしまって、ごめんなさいね。
194:実は……、その……」
195:上賀茂さんは少しためらったあと、持っていた
196:かわいいビンを差し出す。
197:上賀茂
Kamikamo
198:「これ……、お口に合うとよろしいのですけど」
199:ハルヒ
Haruhi
200:「自分にですか?」
201:上賀茂さんは、こくんとうなずいた。
202:b-tubaki_a1
203:上賀茂
Kamikamo
204:「この間お話しました【アイベリー】が手に入
205:りましたの。それで、ぜひハルヒくんにも召し
206:上がっていただきたくて……」
207:b-tubaki_a1
208:上賀茂
Kamikamo
209:「わたくしが作ったジャムですから、お口に合う
210:かどうかわかりませんけど」
211:そういえば、そんな話をしたことが……。
212:ハルヒ
Haruhi
213:「覚えててくれたんですね。ありがとうござい
214:ます」
215:b-tubaki_a1
216:上賀茂
Kamikamo
217:「ええ……。そ、それでは、わたくしはこれで」
218:b-tubaki_a1
219:タタタタタ……。
220:あ……、行っちゃった。せっかくだから一緒に
221:お昼でもと思ったんだけどなあ。
222:switch
223:sure6
224:switch
225:そう思って教室を出ようとすると――。
226:b-renge_a1
227:b-renge_a1
228:b-renge_a1
229:れんげ
Renge
230:「ハルヒ君、今日のお食事は?」
231:教室を出ようとしたところで、れんげちゃんに
232:呼び止められた。
233:ハルヒ
Haruhi
234:「寝坊しちゃって、お弁当作るヒマがなかった
235:んだ」
236:b-renge_a1
237:れんげ
Renge
238:「まあ、そうでしたの……。わたくしはてっきり、
239:光くんたちがいなくて、食欲がないものと思っ
240:ていましたわ」
241:ハルヒ
Haruhi
242:「そんなことないよ、れんげちゃん」
243:b-renge_a1
244:れんげ
Renge
245:「双子は風邪をひくときも一緒……、そしてひ
246:とり残されたハルヒ君は、あまりの孤独に食欲
247:さえなくしてしまう……」
248:どちらかといえば、はやく食堂に行きたいくら
249:いなんだけど……。
250:れんげ
Renge
251:「いつもの3人が、2人と1人になったとき、
252:それぞれの胸によぎる、新たな感情……」
253:ハルヒ
Haruhi
254:「あの、れんげちゃん?」
255:b-renge_a1
256:れんげ
Renge
257:「本日の【萌え萌え桜蘭日記】のテーマはこれ
258:ですわね。決まりですわーっ!」
259:b-renge_a1
260:タタタタタ……。
261:れんげちゃん、元気だなあ……。
262:switch
263:sure6
264:switch
265:#Color[7]#Scale[1.8]放課後
266:さてと、今日もホスト部はお休みだし……。
267:少しだけ図書室に寄ってから帰ろうかな。
268:f2-1-114
269:f2-5-109
270:倉賀野
Kurakano
271:switch
272:sure7
273:f2-1-115
274:f2-5-110
275:桜塚
Sakurazuka
276:switch
277:sure8
278:f2-1-116
279:f2-5-111
280:上賀茂
Kamikamo
281:switch
282:sure9
283:switch
284:sure10
285:switch
286:bg10_a
287:倉賀野
Kurakano
288:「待って、ハルヒ君」
289:b-momoka_a1
290:b-momoka_a1
291:b-momoka_a1
292:廊下に出ると、倉賀野さんに呼び止められた。
293:倉賀野
Kurakano
294:「あの、お弁当……、食べてくれた?」
295:ハルヒ
Haruhi
296:「うん、すごくおいしかったよ」
297:ハルヒ
Haruhi
298:「倉賀野さんって、料理上手なんだね。今度レ
299:シピを教えてくれるとうれしいな」
300:b-momoka_a1
301:倉賀野
Kurakano
302:「そ、そうかな……。あの、ハルヒ君……。わ
303:たくし、その……」
304:ハルヒ
Haruhi
305:「……どうかしましたか?」
306:b-momoka_a1
307:そう聞いてみるけど、倉賀野さんは何か言おう
308:としては、口を閉じてしまう。
309:…………。
310:……。
311:b-momoka_a1
312:倉賀野
Kurakano
313:「あのっ……」
314:ハルヒ
Haruhi
315:「はい」
316:b-momoka_a1
317:倉賀野
Kurakano
318:「わたくし………………、好きです」
319:ハルヒ
Haruhi
320:「ええ、自分も好きですよ」
321:b-momoka_a1
322:倉賀野
Kurakano
323:「…………ほ、本当に?」
324:ハルヒ
Haruhi
325:「自分は、昨日の残り物とか特売品で、あきな
326:いようにおいしく作れるか、なんですけどね」
327:b-momoka_a1
328:倉賀野
Kurakano
329:「おいしく?」
330:ハルヒ
Haruhi
331:「そうですよ。料理を作ること……」
332:b-momoka_a1
333:倉賀野
Kurakano
334:「――!!」
335:ハルヒ
Haruhi
336:「……あ、ごめんね。残り物とか変なこと言っ
337:ちゃって」
338:倉賀野さんには、残り物とか特売品なんて関係
339:ないんだよね。
340:switch
341:ハルヒ
Haruhi
342:「今度、倉賀野さんの好きな料理の話、聞かせ
343:てくださいね」
344:b-momoka_a1
345:倉賀野
Kurakano
346:「……わたくしの? あ、そうですね……。お料
347:理のお話でしたものね……」
348:ハルヒ
Haruhi
349:「どうかしたんですか?」
350:さっきまで元気そうだったのに、なんだか落ち
351:込んでるみたいだけど……。
352:b-momoka_a1
353:倉賀野
Kurakano
354:「い、いえ……、なんでも。……それじゃあハ
355:ルヒ君、またね」
356:b-momoka_a1
357:…………。
358:……お弁当の話をしてただけなのに、どうして
359:元気がなくなっちゃったのかな?
360:残り物とか特売品を、倉賀野さんのお弁当の内
361:容と比べたのがいけなかったのかもしれない。
362:月曜日になったら、ちゃんと話しておこう。
363:switch
364:sure11
365:switch
366:bg10_a
367:桜塚
Sakurazuka
368:「ハルヒ君」
369:b-kimiko_a1
370:b-kimiko_a1
371:b-kimiko_a1
372:廊下に出ると、桜塚さんに呼び止められた。
373:桜塚
Sakurazuka
374:「クッキーなんだけど、食べてくれた?」
375:ハルヒ
Haruhi
376:「うん、すごくおいしかったよ」
377:ハルヒ
Haruhi
378:「桜塚さんって、お菓子作りが上手なんだね」
379:b-kimiko_a1
380:桜塚
Sakurazuka
381:「本当? でも良かった。ハルヒ君に喜んでほ
382:しくて、がんばったから」
383:ハルヒ
Haruhi
384:「そうなんですか? ……ありがとうございま
385:す」
386:b-kimiko_a1
387:桜塚
Sakurazuka
388:「……ううん。それでね、ハルヒ君……。わた
389:し、ずっと言いたかったんだけど……」
390:ハルヒ
Haruhi
391:「はい」
392:b-kimiko_a1
393:桜塚
Sakurazuka
394:「お、お付き合いして、くれませんか?」
395:ハルヒ
Haruhi
396:「はい、喜んで」
397:b-kimiko_a1
398:桜塚
Sakurazuka
399:「ハルヒ君! 本当に!?」
400:ハルヒ
Haruhi
401:「でも、材料はどうしよう? それに、どこの
402:台所で作りましょうか?」
403:b-kimiko_a1
404:…………。
405:桜塚
Sakurazuka
406:「だ、台所……?」
407:ハルヒ
Haruhi
408:「ええ。お菓子作りにお付き合いするためには
409:どこで作ればいいかと……」
410:桜塚
Sakurazuka
411:「…………」
412:ハルヒ
Haruhi
413:「食堂は貸してもらえないでしょうし……。あ
414:れ? どうかしましたか?」
415:b-kimiko_a1
416:桜塚
Sakurazuka
417:「……ううん、別に……」
418:ハルヒ
Haruhi
419:「――そうだ。ホスト部が活動再開したときに、
420:みんなで作りませんか?」
421:b-kimiko_a1
422:お客さんからのご要望なんですけどって鏡夜先
423:輩に相談したら、きっとオーブンとかも用意し
424:てくれるだろうし。
425:switch
426:桜塚
Sakurazuka
427:「うん、楽しみにしてる。それじゃあ、また
428:ね……」
429:b-kimiko_a1
430:…………。
431:ホスト部が再開したときは、忘れないようにお
432:菓子作りのことを相談しないとね。
433:switch
434:sure11
435:switch
436:bg10_a
437:上賀茂
Kamikamo
438:「ハルヒくん……」
439:tubaki_a
440:tubaki_a
441:tubaki_a
442:廊下に出ると、上賀茂さんに呼び止められた。
443:tubaki_a
444:b-tubaki_a1
445:b-tubaki_a1
446:b-tubaki_a1
447:上賀茂
Kamikamo
448:「アイベリージャム、もう召し上がっていただ
449:けたかしら?」
450:ハルヒ
Haruhi
451:「はい、お昼に。甘さもちょうど良くて、とっ
452:てもおいしかったですよ」
453:b-tubaki_a1
454:上賀茂
Kamikamo
455:「そう、良かった……」
456:ハルヒ
Haruhi
457:「毎日でも食べたいくらいですね」
458:b-tubaki_a1
459:上賀茂
Kamikamo
460:「……うれしい。それでしたらまた、差し上げ
461:ますわね」
462:ハルヒ
Haruhi
463:「あ、自分も何か作ります。お口に合うかはわ
464:かりませんけど」
465:b-tubaki_a1
466:上賀茂
Kamikamo
467:「まあ、楽しみですわ」
468:ハルヒ
Haruhi
469:「そんなに楽しみにしてもらえるほどじゃない
470:ですよ」
471:b-tubaki_a1
472:上賀茂
Kamikamo
473:「いいえ、ハルヒくんの手作りというだけ
474:で……。わたくし、胸がいっぱいですわ……」
475:何かっていってもクッキーくらいだから、あん
476:まり期待されると……。
477:b-tubaki_a1
478:上賀茂
Kamikamo
479:「この気持ち……、ハルヒくんに伝えたい……」
480:ハルヒ
Haruhi
481:「…………何でしょう?」
482:聞いたこともないお菓子を作って欲しいって言
483:われたらどうしようかな……。
484:b-tubaki_a1
485:上賀茂
Kamikamo
486:「わたくし、これからはハルヒくんを永久指名さ
487:せていただきますわっ!」
488:ハルヒ
Haruhi
489:「……え?」
490:b-tubaki_a1
491:上賀茂
Kamikamo
492:「環様には申し訳ないのですけど……、わた
493:くし……、ハルヒくんのことが――」
494:ハルヒ
Haruhi
495:「あの、自分は時々でいいですよ?」
496:b-tubaki_a1
497:お菓子の話が、どうして永久指名の話になるの
498:かよくわからないけど……。
499:何か作ることのお礼で言ってくれてるなら、そ
500:こまでしてもらうのは悪い気がするし。
501:switch
502:b-tubaki_a1
503:上賀茂
Kamikamo
504:「…………」
505:ハルヒ
Haruhi
506:「あの……、上賀茂さん?」
507:b-tubaki_a1
508:上賀茂
Kamikamo
509:「……そう、ですか……」
510:b-tubaki_a1
511:上賀茂
Kamikamo
512:「わたくし……、夢を見ておりましたわ。甘く、
513:はかない夢を……」
514:ハルヒ
Haruhi
515:「……はあ」
516:今度は夢の話……?
517:b-tubaki_a1
518:上賀茂
Kamikamo
519:「わずかでしたが、素敵な時間でしたわ……。
520:ハルヒくん、ごきげんよう……」
521:b-tubaki_a1
522:……。
523:…………。
524:なんだったんだろう……。途中まではいい雰囲
525:気でお話できてたのに。
526:switch
527:sure11
528:switch
529:bg10_a
530:b-sayuri_a2
531:b-sayuri_a2
532:b-sayuri_a2
533:小百合
Sayuri
534:「あら、ハルちゃんじゃない。どこ行くの?」
535:廊下に出たところで、小百合に呼び止められた。
536:ハルヒ
Haruhi
537:「図書室だよ」
538:b-sayuri_a2
539:小百合
Sayuri
540:「ホスト部がお休みだと思ったら、今度はお勉
541:強? 特待生って大変ね……」
542:ハルヒ
Haruhi
543:「そうでもないよ。勉強するのは好きだし、こ
544:この図書室は充実してるから」
545:……騒がしいことが難点だけどね。
546:小百合
Sayuri
547:「でも、せっかくなんだから、休んだほうがい
548:いんじゃないの?」
549:ハルヒ
Haruhi
550:「大丈夫、日曜日はゆっくりしてるから」
551:b-sayuri_a2
552:小百合
Sayuri
553:「それならいいんだけど、無理はしないでね」
554:ハルヒ
Haruhi
555:「わかってる、ありがと」
556:b-sayuri_a2
557:そう答えると、小百合は軽く手をふって歩いて
558:いった。
559:……自分って、そんなに大変そうに見えるのか
560:な?
561:switch
562:sure11
563:switch
564:bg19_a
565:#Color[7]#Scale[1.8]図書室
566:相変わらず騒がしいなあ。でも、いつものこと
567:なんだし、あきらめるしかないかな。
568:集中できれば、まわりが少しくらいうるさくて
569:も気にならなくなるんだけどね。
570:ハルヒ
Haruhi
571:「あ……、新しい参考書」
572:本棚から参考書を抜き出して、内容を確認して
573:みる。
574:……うん、よさそうかな。
575:f4-4-102
576:switch
577:sure13
578:switch
579:sure12
580:switch
581:よさそうな参考書は見つかったけど……。
582:どうしよう……。このまま図書室で勉強してい
583:くか、それとも家に帰ってからにするか。
584:……。
585:…………。
586:家で勉強したほうが集中できそうだし、帰ろう。
587:switch
588:sure14
589:switch
590:bg43_c
591:ハルヒ
Haruhi
592:「えーと、どれどれ……」
593:帰りに寄ったスーパーで、ゲットした特売のチ
594:ラシを眺める。
595:土曜日は……。あ、ぶた肉が安い。それに、大
596:根は1本80円。
597:……あ、土曜日はダメだったんだ。デパートに
598:行く約束があるから。
599:…………。
600:指名率に変化はないけど、パソコンをチェック
601:しておこう。
602:グラフキャラ
603:グラフ経過
604:待ち合わせに遅れないように、明日の用意だけ
605:すませたら寝よう……。
606:switch
607:sure15
608:switch
609:switch