Recent Changes

Sunday, February 12

  1. page 532_ev4030 edited ... Hikaru 2:「……言えよ。アイツと会ってたって……。僕 "Say it. When you met with her..." 3:よりアイツを選んだんだ…
    ...
    Hikaru
    2:「……言えよ。アイツと会ってたって……。僕
    "Say it. When you met with her..."
    3:よりアイツを選んだんだって」
    "She chose you over me."
    4:馨
    Kaoru
    5:「光……。ちがっ、僕はただ……」
    "Hikaru... you're wrong, I..."
    6:小百合
    Sayuri
    7:「――すれ違う心、届かない言葉……」
    "---Hearts passing each other, the words don't reach..."
    8:光
    Hikaru
    9:「違わないよ馨。おまえはハルヒのことが好き
    "I'm not wrong, Kaoru. You love Haruhi."
    10:なんだ。僕よりも、ハルヒのことを……」
    "But I..."
    11:馨
    Kaoru
    12:「……ハルヒのことが好きなのは、光のほうで
    "You also love Haruhi."
    13:しょ」
    "Right?"
    14:小百合
    Sayuri
    ...
    Haruhi
    24:「やめてよ2人とも」
    "Stop it you two."
    25:光&馨
    Hikaru & Kaoru
    ...
    Haruhi
    29:「け……、ケンカはやめて……」
    "Q.... Quit fighting..."
    30:ハルヒ
    Haruhi
    31:「自分のために……、争わないで」
    "Don't compete.... for my sake."
    32:ハルヒ
    Haruhi
    33:「誰かー、2人をとめてー」
    "Someone, stop those two-"
    34:…………。
    …………
    ...
    Hikaru & Kaoru
    39:#Scale[1.4]「ぎゃははははは!!」
    "Gya ha ha ha ha!!"
    40:ハルヒ
    Haruhi
    41:「2人とも……、笑いすぎ」
    "Those two... are laughing too much."
    (view changes)
    4:40 am

Saturday, August 15

  1. page 101_1_1 edited ... "You know, Takashi. Usa-chan said he wanted to eat some cake with me. 144:んだってー。あげてもいいかな…
    ...
    "You know, Takashi. Usa-chan said he wanted to eat some cake with me.
    144:んだってー。あげてもいいかな?」
    ...
    that be ok?"okay?"
    145:b-mitukuni_a4
    146:b-takashi_a4
    ...
    Kyoya
    212:「接客の前に、ホストとして大切な事を教えて
    "After you're finished with the"Before you start serving guests, I
    213:やろう」
    to speak to you about how to be a good host."
    ...
    "You're not planning to host today? You do
    244:じゃないのか? 借金800万円の藤岡ハルヒ
    ...
    yen under Haruhi Fujioka-kun."
    245:くん」
    Haruhi Fujioka-kun."
    246:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    Kyoya
    262:「接客の前に、ホストとして大切な事を教えて
    "After you're finished with the"Before you start serving guests, I
    263:やろう」
    to speak to you about how to be a good host."
    ...
    Kyoya
    281:「指名を受けるには人気を得ること、つまり、
    "You need"In order for the guests to requestdesignate you, you to reduce your debt. You also needmust attain popularity.
    282:お客様の心をつかむことだ」
    to impress them if you ever want to repay us."In other words, it's a matter of winning the customer's heart."
    283:……そこがすごく難しいんですけど。
    ...Easy... Easy for him
    284:b-kyouya_a1
    285:b-kyouya_a2
    ...
    "It will be rather difficult."
    290:こ……、心を読まれてる。
    Erm...IsErm... Is he a
    291:b-kyouya_a2
    292:鏡夜
    ...
    "Okay."
    322:……気持ちを考えて行動する、か。
    ...I... I already know
    323:どんな話をしたらいいのか悩んでいる段階の自
    My problem is I never really know what to
    ...
    349:b-kyouya_a2
    350:……うーん。わかったような、わからないよう
    ...Hmmm, I think... Hmmm. I kinda understand it. Keeps things simpleit, but
    351:な。
    I guess just choosing one of six.kinda don't.
    352:b-kyouya_a2
    353:b-kyouya_a1
    ...
    Haruhi
    377:「あー、ありがとうございます。……よくわか
    "Th...Thanks for your help."Ahhh~ Thank you very much...... I get it now."understand
    378:りました」
    it now."
    379:答えながら、ここでわかりませんって言ったら
    I guess the best thingWhile I answered, I wondered to domyself what would be to
    380:どうなるんだろうと思った。
    try it out and see for myself.happen if I said I still didn't understand at this point.
    381:鏡夜
    Kyoya
    382:「……理解できたか?」
    "...Understand"... Understand now?"
    383:switch
    384:えーと、自分のとった行動が良かったのか悪かっ
    ...
    447:そう言って、鏡夜先輩は笑った。
    Now, Kyoya-senpai is laughing to himself.
    Go to 479
    448:switch
    449:sure12
    ...
    458:「いいだろう」
    "Very well."
    Go to 306
    459:switch
    460:sure8
    ...
    481:b-kyouya_a2
    482:そう言うと、鏡夜先輩はどこからともなく小さ
    ...
    a small notepadlaptop
    483:なノートパソコンを取り出した。
    and hands it over to me.
    ...
    Haruhi
    567:「本日のご指名は?」
    "Are"Who are you here to see me?"today?"
    568:b-momoka_a1
    569:倉賀野
    Kurakano
    570:「環様をお願いしたいんだけど……」
    ...
    like to ask Tamaki-sama..."see Tamaki-sama, but..."
    571:倉賀野さんの視線の先には、みんなに囲まれて
    In front of Kurakano-san's view is Tamaki-senpai. He's
    ...
    Haruhi
    611:「でも自分は……、もっとお話したいかなって
    ...
    a little strange, but it'll bestrange... But I was just thinking
    612:思いますよ」
    nice once we've talkedI'd like to talk to you more and
    613:b-momoka_a1
    614:倉賀野
    Kurakano
    615:「そう……、なの?」
    "You really think so?""Oh... really?"
    616:b-momoka_a1
    617:heart_r
    ...
    Haruhi
    619:「はい。……あ、お茶の用意をしてきますから、
    "Definitely..."Yes... Ah, I'll
    620:倉賀野さんは座っていてください」
    there for just a moment please."
    ...
    "It shows you really are a natural rookie at this."
    640:うーん。ほめられているのか、けなされている
    Hmmm. Getting praised already, I guess I can't tell if he's praising me or making
    641:のか……。
    must be doing okay...fun of me...
    642:b-kyouya_a2
    643:鏡夜
    ...
    Haruhi
    647:「……はあ」
    "...hmm""... Hmm."
    648:とりあえずは、今みたいな感じで接客していけ
    By now, I should be able to gauge a guest's feelings and select
    ...
    I see...
    809:環先輩は常連の上賀茂椿(かみかもつばき)さ
    ...
    is entertaining Kimiko Sakurazuka. She'sTsubaki Kamikamo,
    810:ん、鏡夜先輩は桜塚希美子(さくらづかきみこ)
    a regular guest for him...Kyoya-senpai is entertaining Kimiko Sakurazuka....
    811:さんの接客をしている……。
    812:光と馨、ハニー先輩とモリ先輩もそれぞれ接客
    ...
    824:環先輩
    Tamaki-senpai
    Go to 845
    825:鏡夜先輩
    Kyoya-senpai
    Go to 940
    826:光
    Hikaru
    Go to 999
    THERE'S A LINE MISSING, WHICH I THINK MUST MEAN NEXT PAGE
    827:馨
    Kaoru
    Go to 1055
    828:ハニー先輩
    Honey-senpai
    Go to 1116
    829:モリ先輩
    Mori-senpai
    *THERE'SGo to 1171
    *THERE'S
    A LINE
    ...
    MEANS PREVIOUS PAGE**PAGE
    830:switch
    831:select
    ...
    "Ah... It seems that Haruhi's passion
    868:目覚めたようだな」
    ...
    host has awakened."awakened!"
    869:ハルヒ
    Haruhi
    870:「いえ、別に目覚めたというほどのもので
    ...
    go that
    871:は……」
    far..."
    ...
    Tamaki
    878:「いいだろう! 俺から接客のテクニックを伝
    "Very Well! We can focuswell! Let me instruct you on us workingthe techniques
    879:授しようではないか」
    as a team to Host together!"of hosting!"
    880:b-tamaki_a3
    881:heart_r
    ...
    Tamaki
    883:「だがその前に、ハルヒには白いワンピース
    ...
    in a beautiful white dress!
    884:を――」
    That would be..."beautiful white dress----"
    885:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    888:yama_r
    889:一瞬でも環先輩に感謝しかけた自分がバカだっ
    Is Tamaki-senpaiEven if it was only for a moment, I'm really that much of an idiot
    890:た……。
    that he thinks I'd just do what he wants....for feeling gratitude toward Tamaki-senpai...
    891:b-tamaki_a3
    892:環
    Tamaki
    893:「ま、待てハルヒ! ちゃんと教えるからっ」
    "Haruhi, wait! Give me another chance!""W-wait, Haruhi! I'll properly teach you!"
    894:ハルヒ
    Haruhi
    895:「……本当ですか?」
    "...You sure you're gonna act normal?""... Is that the truth?"
    896:b-tamaki_a3
    897:b-tamaki_a2
    ...
    Tamaki
    901:「キングに二言はない。とてもためになる、相
    "As your king,"A king doesn't go back on his word. Therefore, I think you have a lot to learn from my hostingshall instruct
    902:手を【見つめる】効果について伝授しようでは
    skills. Watch closely and I'm certain you'll becomeyou about the incredibly effective technique of
    903:ないか」
    an incredible host!"[gazing] at your customer!"
    904:大げさに言いながら、環先輩はポーズをとった。
    Tamaki-senpai posed after his grand expression.
    ...
    Tamaki
    911:「見つめる……。それは、目と目で会話をする
    Look"Gazing into mytheir eyes.... Then you'll know what I"m sayingThat is, to have a conversation
    912:ことだ」
    is the truth."with our eyes."
    913:ハルヒ
    Haruhi
    914:「……はあ」
    "...Riight.""... Riight."
    915:ためになるんだかならないんだか、よくわから
    I'm not sure this conversation is going to be all that helpful for
    ...
    Tamaki
    922:「――という訳だが、わかったかにゃ?」
    "How"---- How was that?
    923:そう言って、得意げに笑う環先輩。余計な話が
    Tamaki-senpai has a triumphant smile on his face. But
    924:ほとんどだったような気もするけど。
    ...
    he just mostly spouted non-sense that wasn't any help.nonsense.
    925:えっと……。
    Uhm....Let's see....
    926:【見つめる】という行動は高度なテクニックで、
    "Staring into her eyes", he kept saying that. Really[Gazing] is an advanced technique, and it makesseems that
    927:相手の気持ちを理解していないと大失敗すると
    him sound very creepy. I definitely won't be following if you don't understand the other party's feelings,
    928:いうことらしい。
    that suggestion.it will be a massive failure.
    929:switch
    930:見つめられて嬉しいとき、嫌なときをちゃんと
    I did get his point though,If I don't think properly about always smilingif they would be happy to be gazed at,
    931:考えなきゃダメってことは――。すごく難しい
    and looking as welcoming as possible. Even when I or if they would find it unpleasant, I'll mess up...
    932:ことだよね。
    don't feel like smiling myself.It's very difficult indeed.
    933:ハルヒ
    Haruhi
    934:「はい、参考になりました。ありがとうござい
    "I get it,"Yes, you've been
    935:ます」
    much."
    Go to 1233
    936:b-tamaki_a1
    937:switch
    ...
    942:bg30_a
    943:鏡夜先輩の手が空いたタイミングで声をかけて
    I'll see if Kyoya-senpai has any spare time
    944:みる。
    to help me.
    945:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    Haruhi
    953:「接客のコツがあれば教えてもらいたいんです
    I"I was wondering
    954:けど……」
    ...
    waiting on customers.customers."
    955:b-kyouya_a1
    956:b-kyouya_a2
    ...
    Kyoya
    961:「いい心がけだな」
    "You've got a good attitude."
    962:お前にしては、と笑う。
    "For you that is," he smiled.
    963:b-kyouya_a2
    964:b-kyouya_a3
    ...
    Kyoya
    968:「ホスト部の利益に繋がることでもある。接客
    "Well, this is also connected to the Host Club's profits. So,
    969:での【ふれる】について教えてやろう」
    I'll teach you about the [touching] technique."
    970:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    Kyoya
    979:「……理解できたか?」
    "...Do"... Do you understand?"
    980:ハルヒ
    Haruhi
    981:「そうですね……」
    "Is that right...?""Let's see..."
    982:答えながら、鏡夜先輩の言葉を思い返す。
    While answering, I think about what Kyoya-senpai said.
    983:【ふれる】は、言葉の通りスキンシップをとる
    [Touching] is exactly as it sounds, establishing
    984:こと。
    skinship with the customer.
    985:相手との距離を縮める有効な手段だけど、人に
    It's an effective way of shortening the distance between myself and the customer,
    986:よってそれを好ましいと思う人もいれば、そう
    but just as there are people who would find it agreeable,
    987:でない人もいる。
    there are also people who would not.
    988:そのときの気持ちで、ふれて欲しいと思うとき
    I have to take their feelings at that moment into account,
    989:と思わないときがある……、と。
    and think of whether or not they would want to be touched....
    990:あとはテクニック以前の問題で、失礼のないよ
    Besides that, another problem before doing that technique is
    991:うにすることに注意しなくちゃいけないってこ
    that I'd have to be careful to do it in a way that would
    992:とかな。
    not be rude to them.
    993:ハルヒ
    Haruhi
    994:「ありがとうございます。参考になりました」
    "Thank you very much. It was very helpful."
    Go to 1233
    995:b-kyouya_a1
    996:switch
    ...
    Hikaru
    1009:「ん、何?」
    "Yeah, what?"what's up?"
    1010:ハルヒ
    Haruhi
    1011:「接客のコツみたいなのがあったら、教えて欲
    "Can"I was hoping you could tell me how to get a lot ofif there's any kind
    1012:しいんだけど」
    customers?"of trick to hosting."
    1013:b-hikaru_a1
    1014:b-hikaru_a2
    ...
    Hikaru
    1019:「おー、やる気じゃん?」
    "Ah, motivation?""Ohhh~ well aren't you motivated?"
    1020:ハルヒ
    Haruhi
    1021:「まあ……、それなりに」
    "Ah, I see...""Well... In my own way."
    1022:b-hikaru_a2
    1023:ふーん、という感じで光はニヤっと笑う。
    Hikaru gave a grin that seemed to say "Hmmm~"
    1024:光
    Hikaru
    1025:「それじゃあ、接客の【話す】についてでい
    "Well then, how about I teach you how to
    1026:い?」
    [talk] to customers?"
    1027:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    1032:b-hikaru_a3
    1033:そう答えると、光は笑顔で話し始めた。
    After I answered, Hikaru smiled and started talking.
    1034:b-hikaru_a3
    1035:b-hikaru_a1
    ...
    Hikaru
    1039:「……まあ、こんなトコかな」
    "I wonder if this talk...""... Well, it's that kind of thing."
    1040:そうだね、と光の言葉にうなずいて説明を思い
    "I see," I say and nod at Hikaru's words as I think back on
    1041:返す。
    his explanation.
    1042:話すときは、相手の気持ちを考えるだけじゃな
    When it comes to talking, it seems that it's not just about thinking
    1043:く、どんな話を期待しているのかも考えないと
    of the customer's feelings, but also considering what kind of topic
    1044:いけないらしい。
    they'd be anticipating.
    1045:【話す】って簡単なことだけど、時と場合を考
    To [talk] is a simple matter, but one must consider
    1046:えないといけないってことだよね。
    the time and situation, or else it won't go well.
    1047:よく考えなくても、当たり前のことをもっとも
    Even without thinking about it, it feels like I just
    1048:らしく説明されただけのような気もする。
    had something very obvious explained to me.
    1049:ハルヒ
    Haruhi
    1050:「ありがとう、光」
    "Thanks, Hikaru."
    Go to 1233
    1051:b-hikaru_a1
    1052:switch
    ...
    Haruhi
    1067:「接客のコツみたいなのがあったら、教えて欲
    "Can"I was hoping you could tell me how to get a lot ofif there's any kind
    1068:しいんだけど」
    customers?"of trick to hosting."
    1069:b-kaoru_a2
    1070:b-kaoru_a3
    ...
    Haruhi
    1076:「うん、ちょっとね」
    "Uh-huh, just a sec.""Well, y'know."
    1077:b-kaoru_a3
    1078:b-kaoru_a1
    ...
    1080:b-kaoru_a1
    1081:そう答えると、ふーんという感じで馨は笑みを
    When I answered, Kaoru gave a smile that seemed
    1082:浮かべた。
    to say "Hmmm~"
    1083:effect1
    1084:馨
    Kaoru
    1085:「……ま、いいか。接客の【飲み物】について
    "...... Well, whatever. How about I teach you about
    1086:でいい?」
    serving customers [drinks]?"
    1087:ハルヒ
    Haruhi
    1088:「うん、お願い」
    "Yes, please"please."
    1089:b-kaoru_a1
    1090:b-kaoru_a3
    ...
    1092:b-kaoru_a3
    1093:そう答えると、馨は笑顔で話し始めた。
    After I answered, Kaoru smiled and started talking.
    1094:b-kaoru_a3
    1095:b-kaoru_a1
    ...
    Kaoru
    1099:「……って感じかな」
    "... and it's along those lines."
    1100:なるほどねえ、と馨の言葉にうなずいて説明を
    "Oh I see," I say and nod at Kaoru's words as I think
    1101:思い返す。
    back on his explanation.
    1102:どう接すればいいのか悩んだときは、【飲み物】
    If I'm worried about how to attend to my customers,
    1103:を用意すると失敗は少ないらしい。
    preparing [drinks] rarely fails.
    1104:話を聞いている限り、迷ったときに『間』をと
    Listening to them talk as much as possible, then using the pause
    1105:る意味でもいいかもしれないなあ……。
    when they lose track or hesitate may also be a good way to use it.
    1106:ただ、いつもその行動が正しいとは限らないか
    However, that method is not necessarily the correct one
    1107:ら気をつけないとね。
    all the time, so I have to be careful.
    1108:経験があってわかることだから、少しずつ慣れ
    When I get more experience I'll understand it better,
    1109:ていくしかないかな。
    so I have no choice but to practice little by little.
    1110:ハルヒ
    Haruhi
    1111:「ありがとう、参考にしてみるね」
    Thank"Thank you, I'll
    ...
    refer to that (Sorry, not completely sure about the second part of this translation)that."
    Go to 1233

    1112:b-kaoru_a1
    1113:switch
    ...
    1118:bg33_a
    1119:ハニー先輩が食べているケーキのお皿が空いた
    ...
    was eating hisa cake and I tried to call out.seemed available,
    1120:タイミングで、声をかけてみる。
    so I called out to him.
    1121:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    Haruhi
    1130:「すみません、接客のコツがあれば教えてもら
    I'm sorry,"Excuse me, but I'd like you toI was hoping you'd teach me if there's a trick to waiting on customers.....
    1131:いたいんですけど……」
    there's a trick to waiting on customers....."
    1132:b-mitukuni_a2
    1133:b-mitukuni_a1
    ...
    Mitsukuni
    1137:「うん、いいよ。じゃあねー、すっごく大切な
    Yup, sure. (Other sentences: untranslated)"Sure thing. Then~ I'll teach you about the incredibly
    1138:【食べ物】について教えてあげる」
    important topic of [food]!"
    1139:ハルヒ
    Haruhi
    1140:「お願いします」
    "Please""Please."
    1141:b-mitukuni_a1
    1142:b-mitukuni_a3
    ...
    1145:big_hani1
    1146:そう答えると、ハニー先輩は満面の笑みを浮か
    After I answered, Honey-senpai's whole face lit up
    1147:べた。
    with a smile.
    1148:b-mitukuni_a3
    1149:b-mitukuni_a1
    ...
    Haruhi
    1155:「そ、そうですね……」
    "Th- that's good....""W-Well...."
    1156:あいまいに答えながら、ハニー先輩から教わっ
    As I vaguely answered, I thought back to the contents
    1157:た内容を思い返してみるけど――。
    of what Honey-senpai had taught me, but-----
    1158:甘くておいしいケーキを食べれば、みんなしあ
    I can only remember things like 'If they eat sweet,
    1159:わせだってことと、どのケーキがおいしいのか
    delicious cake, then everyone will be happy,' as well
    1160:しか思い出せない。
    as what kinds of cakes are delicious.
    1161:あ……。
    Ah......
    1162:胸がいっぱいのときは食べられないから、そう
    He also mentioned that if the customer is overwhelmed with
    1163:いうときは用意しないほうがいいってことは、
    emotion, then they won't be able to eat, so it's better to not
    1164:参考になったかな。
    prepare food in that situation. So I guess I can reference that.
    1165:ハルヒ
    Haruhi
    1166:「ありがとうございました」
    "Thank you very much."
    Go to 1233
    1167:b-mitukuni_a1
    1168:switch
    ...
    Takashi
    1191:「……俺でいいのか」
    "...Sure.""... You sure you want me to teach you?"
    1192:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    Takashi
    1195:「相手の話を【聞く】ことについてでかまわな
    "Listen. We are competing against each other,"Then do you really wantmind if I teach you about [listening] to hear
    1196:いか?」
    my advice?the customer?"
    1197:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    Takashi
    1206:「……ただ話を聞くだけなら誰にでもできる」
    "...If you can"... If it's just listenlistening to anyone, you willsomeone talking, anyone can do well."it."
    1207:崇
    Takashi
    ...
    Haruhi
    1217:「――それが聞くこと、相手の言葉に耳を傾け
    "I understand listening"---- So that's [listening], to pay attention to the guests, but I was having problemcustomer's
    1218:る姿勢なんですね」
    knowing what mood I was looking for."words and their position."
    1219:b-takashi_a2
    1220:effect1
    ...
    Takashi
    1222:「そうだ」
    "Like so.""Exactly."
    1223:そう言って、モリ先輩は満足そうに微笑む。
    Mori-senpai smiles with satisfaction.
    1224:相手の話を聞くのは、モリ先輩らしい接客のコ
    When it comes to listeningTo listen to the guest,other party talk, I think it's much easier
    1225:ツだなあと思う。
    for someone like Mori-senpai than me.a very Mori-senpai-like tip,
    1226:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    1257:お願いします
    Yes, please.
    Go to 1266
    1258:大丈夫です
    I'm okay, thanks.
    Go to 1424
    1259:switch
    1260:select
    ...
    1268:b-kyouya_a2
    1269:ああ、と鏡夜先輩は静かにうなずく。
    Kyoya-senpai"Okay," Kyoya-senpai nodded quietly.
    1270:b-kyouya_a2
    1271:b-kyouya_a1
    ...
    1282:b-kyouya_a3
    1283:そうだ、と言いながら鏡夜先輩はにやっと笑う。
    Kyoya-senpai is giving"That's right," Kyoya-senpai says and gives one of
    1284:b-kyouya_a3
    1285:…………。なんだか聞くのが怖いなあ。
    ...
    Kyoya
    1299:「モリ先輩には、お客様役として協力をお願い
    ...
    example, is one of our guests."
    1300:している」
    one of our guests."
    1301:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    "Very well."
    1303:お客様って感じがぜんぜんしないんだけど……。
    I'm reallyHe's not getting where this is going....at all giving the impression of being a customer....
    1304:kyouya_a
    1305:鏡夜
    Kyoya
    1306:「いいか? 俺たちは分刻みの指名に対応する
    ...
    we allow our guests to freely choose
    1307:ため、お客様の間を渡り歩いていく」
    our guests to freely chose whicheverwhichever host whenever
    1308:鏡夜
    Kyoya
    ...
    "....So wait, I'm supposed to walk right into the middle
    1313:き継げばいいんですね?」
    ...
    other people's conversations?conversations?"
    1314:kyouya_a
    1315:鏡夜
    ...
    "Essentially yes. You will be entering into the
    1317:いうことは……」
    ...
    of their conversation...."conversation, but...."
    1318:ハルヒ
    Haruhi
    1319:「失敗はできない、ですか?」
    "Won't that be a big failure though?""I definitely cannot mess up, right?"
    1320:kyouya_a
    1321:よくわかっているな、と鏡夜先輩はうなずく。
    Kyoya-senpai seemed to"You really get what I meant and elaborated.it," Kyoya-senpai nodded.
    1322:kyouya_a
    1323:鏡夜
    Kyoya
    1324:「ヘルプに入って失敗すれば、おまえだけでな
    "The reason for it. Is if"If you don't help out the other hosts from time to time,mess up when you're helping another host, it
    1325:く、接客していた俺たちのマイナスイメージに
    it will make the Host Club look disjointedwill give both you and leavethe host you're helping
    1326:つながる」
    a negative image."
    ...
    Takashi
    1336:「……大丈夫だ」
    "....You'll".... You'll do fine."
    1337:そう言ってくれるとうれしいんですけど、あん
    I'm glad he toldHaving him tell me that, I really have no confidencethat makes me feel happy, but
    1338:まり自信ないんです……。
    in this plan.I still don't feel very confident......
    1339:kyouya_a
    1340:鏡夜
    Kyoya
    1341:「内容については6種類から選択すればいい。
    ...
    to help of the other
    1342:……こんな感じだな」
    Let me show you..."
    ...
    "You'll know as you will see a positive response from the guest
    1369:ば――」
    ...
    host, like this.."this..."
    1370:kyouya_a
    1371:takashi_a
    ...
    Kyoya
    1386:「……理解できたか?」
    "....Understand?"".... Understand?"
    1387:えっと……。説明をもう1度聞くなら、今しか
    Well... Do I really need to hear this again
    ...
    1389:わかりました
    I understand.
    Go to 1398
    1390:もう1度……
    Can you explain again...
    Go to 1414
    1391:switch
    1392:select
    ...
    1401:takashi_a
    1402:ふむ、という感じで鏡夜先輩は納得したように
    Kyoya-senpai lookedgave a satisfied and startednod that seemed to walk away.
    1403:うなずく。
    say "Good."
    1404:鏡夜
    Kyoya
    1405:「場数を踏むことだ。そうすれば少しずつわかっ
    "It takes"It's all a lotmatter of experience and conviction. But you areobtaining experience. Little by little
    1406:てくる」
    showing some potential."you'll begin to understand."
    1407:確かに、いろいろ経験を積むしかないんだよね。
    Thinking about it, I don't have all that much experience yet. But
    1408:そう考えると、少しは気が楽になってきた。
    I intend to give it my best shot.
    Go to 1438
    1409:kyouya_a
    1410:takashi_a
    ...
    "Very well."
    1419:気にした様子もなく、鏡夜先輩はそう言ってく
    Kyoya-senpai seemed a little frustrated that he Without appearing to be particularly bothered, Kyoya-senpai
    1420:れた。
    has to startstarted over.
    Go to 1305

    1421:switch
    1422:sure27
    ...
    Kyoya
    1445:「ああ、よろしく頼む」
    ...
    to hear, thanks for listening."we'll be counting on you."
    1446:b-kyouya_a2
    1447:と言い残して、鏡夜先輩は接客へと戻っていっ
    I thoughtHe said, and then Kyoya-senpai went back to Kyoya-senpai guide onserving
    1448:た。
    hosting.customers.
    1449:……あ、いつの間にかまた忙しくなってきてる
    ....I wish I was.... Ah, at some point it became busy with my own customers rightagain.
    1450:なあ。
    now.
    1451:環先輩は、あいかわらず上賀茂さんの相手をし
    ...
    Kamigamo-san right now.now,
    1452:ている。上賀茂さんはホスト部の常連さんで、
    He's definitely her favourite. So it'd be trickyas per usual. Kamigamo-san is a Host Club regular,
    1453:環先輩を指名することが多い。
    barging in on that conversation.and she often designates Tamaki-senpai.
    1454:鏡夜先輩も、あいかわらず桜塚さんの相手をし
    Kyoya-senpai is also entertaining Sakurazuka-san right now. Again,as per usual.
    1455:ている。桜塚さんもホスト部の常連さんで、自
    she's his favouriteSakurazuka-san is also a Host Club regular, and I only reallyshe's often
    1456:分のこともよく指名してくれる。
    see her with him.designated me as well.
    1457:こんなときがヘルプに入るタイミングなんだろ
    I'm not sure if the timingThis is rightthe time to jump into eitherin and help one of them,
    1458:うけど……。
    conversation....but...
    1459:環先輩のヘルプへ
    Help out Tamaki-senpai
    Go to 1471
    1460:鏡夜先輩のヘルプへ
    Help out Kyoya-senpai
    Go to 1424
    1461:自信ないなあ
    Leave them alone for nowI don't have the confidence
    1462:switch
    1463:select
    ...
    Action Graph
    1472:……環先輩のヘルプに入ろう。
    ...Well... Well I'll pick
    1473:話の邪魔をしないように、そっと――。失礼し
    ...
    and not interefereinterfere with the
    1474:ますと声をかけて接客に加わる。
    of their conversation. I headed over to Tamaki's table.
    ...
    Tamaki
    1482:「実は、素晴らしいことを発見したのですよ」
    "Actually, it was a wonderful thing I realised I was fantastic."discovered."
    1483:上賀茂
    Kamigamo
    1484:「まあ、何ですの?」
    "Ohh,"Oh my, how do
    1485:tamaki_a
    1486:環
    Tamaki
    1487:「庶民の技――、いえ……、あの方法はきっと、
    "Talents"The technique of the priviledged few. I feel like you are my princessmasses--- no.... That technique is surely
    1488:僕と姫と2人だけの、秘密に……」
    and we are in on a great secret...."just your and my secret, princess...."
    1489:tubaki_a
    1490:tubaki_a
    ...
    Kamigamo
    1495:「あ~ん、環様~」
    "Ohhhhh, Tamaki-sama"Tamaki-sama~"
    2 LINEs MISSING???
    1496:…………。
    …………
    1497:いったいなんの話で盛り上がってるんだか、具
    IWhat exactly they're getting so excited about, I have no idea what they are talking about. But
    1498:体的にはわからないけど。庶民の技ってところ
    I guessno concrete idea. But if I need to make my entrance sooner or later.use that thing about the "technique
    1499:がヒントだとすれば――。
    So here goes.of the masses" as a hint----
    1500:tamaki_a
    1501:tubaki_a
    ...
    Haruhi
    1520:「環先輩、それくらいのことなら秘密どころか
    "Well"Tamaki-senpai, if it's to that extent, then Tamaki-senpai, don't keep us in suspense what's yourit's anything
    1521:雑学にもなりませんよ」
    great 'secret'?"but a secret or miscellaneous knowledge."
    1522:tamaki_a
    1523:yama_l
    ...
    Tamaki
    1525:「なに! カップ焼きそばの底にかやくを入れ
    "What?! I was just talking about a trick I was toldThen the art of putting gunpowder in the bottom of
    1526:るという技は、すでに世界の常識なのか!!」
    putting gunpowder into chow mein!!instant yakisoba is already common knowledge to the world!!"
    1527:……そんなことですか。
    ....He really confuses me sometimes..... That's what he was talking about?
    1528:tubaki_a
    1529:yama_r
    ...
    Kamigamo
    1531:「まあ……」
    "Errm...""Oh my..."
    1532:ハルヒ
    Haruhi
    1533:「あの、驚くほどのことじゃないですよ?」
    "Erm, was it something"Excuse me, but I said?"don't know if it's something to be that surprised about?"
    1534:tamaki_a
    1535:tubaki_a
    ...
    Tamaki
    1546:「――申し訳ありませんが、少しの間お傍から
    "Please excuse me a moment."----- I need to collectmust apologize, but I must leave your side for
    1547:離れさせていただきます」
    my thoughts together."a short period."
    1548:tamaki_a
    1549:tubaki_a
    1550:あとを頼むと、小さくつぶやいて環先輩は優雅
    I asked"I leave the rest to you," Tamaki-senpai later that day and he saidmuttered quietly
    1551:な仕草で去っていった。
    he moved away asas he made an elegentelegant gesture to help me out.and left.
    1552:ヘルプは成功したみたいだから、ほっと一安心
    I guess thisIt looks like helping procedure is really the other hostshim was a success, so I feel
    1553:かな。
    helping introduce mevery relieved.
    Go
    to the other guests.1753
    1554:tubaki_a
    1555:switch
    ...
    Tamaki
    1569:「ハルヒ……。何か勘違いをしているようだな」
    "Haruhi... You seem to be misunderstanding something."
    1570:ハルヒ
    Haruhi
    1571:「え?」
    "Eh?"
    1572:tamaki_a
    1573:tubaki_a
    ...
    Tamaki
    1575:「俺が話していたのは、カップ焼きそばを作る
    "What I was talking about was when you make instant
    1576:とき、かやくを底に入れることにより――」
    yakisoba, to put gunpowder at the bottom of it----"
    1577:環
    Tamaki
    1578:「お湯を捨てる工程で、かやくをムダにしない
    "When you go to dispose of the hot water, how to make good use of the gunpowder,
    1579:という究極の雑学について話していたんだ」
    that was the ultimate kind of miscellaneous knowledge we were discussing."
    1580:ハルヒ
    Haruhi
    1581:「そういう話だったんですか……」
    "So that's what you were talking about..."
    1582:もう少しどんな話をしているのか、考えてから
    If I had only thought a bit harder about what kind of
    1583:話題に入れば良かったなあ。
    topic they were discussing, it would have been better, huh..."
    1584:tamaki_a
    1585:後悔していると、環先輩がすっと立ち上がった。
    While I was regretting it, Tamaki-senpai suddenly stood up.
    1586:tamaki_a
    1587:環
    Tamaki
    1588:「――申し訳ありませんが、少しの間お傍から
    "----- I must apologize, but I must leave your side for
    1589:離れさせていただきます」
    a short period."
    1590:tubaki_a
    1591:上賀茂
    Kamigamo
    1592:「さみしいですわ……、環様」
    "I will be lonely...... Tamaki-sama"
    1593:tamaki_a
    1594:環
    Tamaki
    1595:「僕の心も張り裂けそうです……」
    "My heart also feels as if it will break......"
    1596:…………。
    …………
    ...
    "Tamaki-sama……"
    1600:なんだか悲劇のドラマに出てくるカップルみた
    These two are acting like they're in some kind of tragic
    1601:い。でも、自分がちゃんと話題に入れていれば、
    drama. But, if I had entered into the conversation properly,
    1602:違った展開だったのかな……。
    I wonder if it would be a different development......
    Go to 1753

    1603:tamaki_a
    1604:tubaki_a
    ...
    Character Graph
    1740:……自信ないなあ。
    ...... I don't have the confidence.
    1741:ヘルプはできるだけ入るようにって言われてい
    They said to help another host only if you could
    1742:るだけだし。
    help them, so...
    1743:会話に加わるタイミングも難しそうだし……。
    And trying to find the right timing to join the conversation seems difficult...
    1744:とりあえず、食器の片付けやお菓子の用意にま
    For now, I'll take care of the dishes and I'll prepare
    1745:わろう。
    the sweets.
    1746:switch
    1747:sure39
    ...
    "I'm really sorry, but could you tell me your name
    2009:か?」
    please?please?"
    2010:b-sayuri_a1
    2011:と、名前を聞いた途端、表情が不機嫌に変わる。
    ...
    I'm certainly not upset about it now. Sayuri is angry
    2117:の頃から変わっていない。
    ...
    her from Kindergarden.Kindergarten.
    2118:小百合
    Sayuri
    ...
    3131:switch
    and vigorously shaken ..."

    (view changes)
    12:49 am

Friday, August 14

  1. page takashi edited 0:ev6200 1:モリ先輩と熱烈なファン ... his passionate fan fans 2:崇 Takashi ... Haruhi 62:「……それは血の気が…
    0:ev6200
    1:モリ先輩と熱烈なファン
    ...
    his passionate fanfans
    2:崇
    Takashi
    ...
    Haruhi
    62:「……それは血の気が引くような光景ですね」
    "...... That spectacle would drain blood from one's face, to be sure."
    63:寝起きのハニー先輩は恐くて、眠いモリ先輩はクサい。
    Honey-senpai is scary right after he wakes up, and Mori-senpai is spooky when he's sleepy.
    64:自分も1度見ているが、その光景の凄まじさは折紙つきだ。
    I've only seen them each once, but the dreadfulness of that spectacle is certified.
    65:takashi_a
    66:takashi_a
    ...
    Takashi
    69:「それほどひどいのか……」
    "Is it terrible to that degree...?"
    70:ハルヒ
    Haruhi
    71:「あ、いえ。環先輩のウザさに比べればマシです」
    "Ah, no. Compared to Tamaki-senpai's noisiness, it's preferable."
    72:takashi_a
    73:崇
    Takashi
    74:「環よりマシ……か」
    "Preferable to Tamaki...... huh."
    75:ハルヒ
    Haruhi
    76:「そ、それよりもその後のフォローがまだなんですよね?」
    "M-more importantly, have you done a follow-up to it yet?"
    77:takashi_a
    78:mitukuni_a
    ...
    Mitsukuni
    82:「うん。だから眠い状態で出ちゃ駄目って僕言ったでしょ?」
    "Yup. So I told him that it was bad to go out while he's sleepy, right?"
    83:mitukuni_a
    84:光邦
    Mitsukuni
    85:「崇のファンの子って内気な子が多くって、崇のことが本当に好きな子たちだもん」
    "Takashi's fans are mostly shy, timid girls, and they genuinely like Takashi."
    86:光邦
    Mitsukuni
    87:「あまーい言葉をかけられたら余計好きになっちゃっうんだよ?」
    "So if he says such sweeeeeeet words to them, they'll start to like him too much, you know?"
    88:takashi_a
    89:崇
    Takashi
    90:「それは猛省している」
    "I am seriously reflecting on my actions."
    91:mitukuni_a
    92:光邦
    ...
    98:mitukuni_a
    99:ハニー先輩ってこうゆう時、普段のキャラクターとは違った上級生らしい対応なんだよね。
    In these kinds of times, Honey-senpai seems different from his usual everyday character, more like an upperclassman in these interactions.
    100:曲者ぞろいのホスト部でも、なんだかんだで上級生のこの2人が根底を支えてる……のかもしれない。
    101:……多分。
    ...
    Haruhi
    104:「じゃあ、肝心のモリ先輩のファンの子を探さなきゃいけませんね」
    "Well then, we must search for Mori-senpai's essential fans, right?"
    105:ハルヒ
    Haruhi
    106:「心当たりってありますか?」
    "Do you happen to know where they are?"
    107:mitukuni_a
    108:mitukuni_a
    ...
    Mitsukuni
    111:「んーとね、あるにはあるんだけどね」
    "Hmmm, well, we kinda do, but..."
    112:ちらりとハニー先輩がモリ先輩を見る。
    Honey-senpai glanced at Mori-senpai.
    113:mitukuni_a
    114:takashi_a
    ...
    Takashi
    118:「……俺が1人の時しか現れない」
    "...... They only appear when I'm by myself."
    119:光邦
    Mitsukuni
    120:「そうなの。ものすっごく恥ずかしがりやさんでね、崇が1人の時しか出てきてくれないんだ」
    "Yup, exactly. They're increeeedibly shy people, so they won't come out unless Takashi's by himself."
    121:ハルヒ
    Haruhi
    122:「モリ先輩とハニー先輩って一緒の時が多いですよね?」
    "Mori-senpai and Honey-senpai are together most of the time though, right?"
    123:takashi_a
    124:mitukuni_a
    ...
    Mitsukuni
    127:「うん。だからね、僕も一緒にごめんねしたいんだけど、僕が一緒だと姿を見せてくれなくってさ」
    "Yup. That's why, even though I want to go with to say sorry, if I'm with him they won't show up."
    128:ハルヒ
    Haruhi
    129:「はあ……小動物かなにかのようですね」
    "Haa...... They're a lot like small animals, huh."
    130:小動物は1度姿を消すと見つけるのがとても困難だって聞いたことがある。
    I've heard that it's incredibly difficult to find small animals once they've disappeared.
    131:mitukuni_a
    132:光邦
    Mitsukuni
    133:「ねえねえ、ハルちゃんはどーしたらいいと思う?」
    "Hey hey, what do you think we should do, Haru-chan?"
    134:ハルヒ
    Haruhi
    135:「そうですね。とりあえずは探してみましょう。本物の動物じゃないんだし、探していれば見つかりますよ」
    "Hmmm. Well, for the time being, let's try searching for them. They're not actually animals, so if we search, we should be able to find them."
    136:善は急げっていうからね。事が大きくなる前に解決しないと面倒なことになるかもしれない。
    They say to strike while the iron is hot. If we don't resolve this situation before it turns into something big, it may become troublesome.
    137:mitukuni_a
    138:光邦
    ...
    Mitsukuni
    144:「崇が悩んでるのはね、ほんとうに自分を好きだと思ってる子たちに軽薄な言葉を言っちゃったからなの」
    "
    145:光邦
    Mitsukuni
    ...
    Mitsukuni
    201:「そうだよ、ハルちゃん。僕もこうゆうのはぜんぜんわからないもん」
    "He's right, Haru-chan. I completely don't understand this kind of thing either."
    202:光邦
    Mitsukuni
    203:「そうゆうわからないって気持ちをちゃんと言ってくれたハルちゃんは偉いと思うよ?」
    "But I think Haru-chan's very great for properly expressing her feelings of not understanding, you know?"
    204:ハルヒ
    Haruhi
    ...
    Mitsukuni
    208:「んーん。あのね、これから僕と崇で彼女たちに会ってくるけど結果はハルちゃんにちゃんと報告するね」
    "No no~ so right now, Takashi and I are going to try to meet those girls, but we'll make sure to report the results to Haru-chan."
    209:ハルヒ
    Haruhi
    210:「いいんですか?」
    "Are you sure?"
    211:光邦
    Mitsukuni
    212:「いいの、いいの。ね、崇?」
    "Yup, it's fine. Right, Takashi?"
    213:takashi_a
    214:崇
    Takashi
    215:「ああ。ここで待っていて欲しい」
    "Yeah. I'd like it if you waited here for us."
    216:ハルヒ
    Haruhi
    217:「モリ先輩……はい、自分はここで待ってます。気をつけて行って来て下さいね」
    "Mori-senpai...... Okay, then I will wait here for you. Please be careful, and I'll see you later."
    218:takashi_a
    219:崇
    Takashi
    220:「行ってくる」
    "See you later."
    221:mitukuni_a
    222:光邦
    Mitsukuni
    223:「行ってくるね、ハルちゃん」
    "See you later, Haru-chan!"
    224:takashi_a
    225:mitukuni_a
    226:上手くいくといいですね、モリ先輩。
    I hope it goes well, Mori-senpai.
    227:bg52
    228:……あの時、違った返事をしていれば、別の結末もあったのかな?
    At that time, if I'd given a different answer, would it have come to a different conclusion?
    229:もし、あの時に戻れたら、今度は別の答え方を……
    If I could return to that time, this time, a different answer......
    230: 
    231:bg33_a
    ...
    Haruhi
    235:「それでですね、まず探すにあたって闇雲に探すのも効率が悪いので、彼女たちのクラスから当たってみようと思います」
    "Well then, to start with, searching for them randomly would be horribly inefficient, so I think we should start in their classroom."
    236:光邦
    Mitsukuni
    237:「ん~多分いないんじゃないかなあ」
    "Hm~ they probably won't be there."
    238:mitukuni_a
    239:takashi_a
    ...
    Takashi
    243:「この時間なら下校しているはずだ」
    "At this time, I expect they'd be coming home from school."
    244:言われてみれば、空は刻々と夕闇色に染まってきている。
    Now that they mentioned it, moment by moment the sky is being dyed with twilight.
    245:ハルヒ
    Haruhi
    246:「うーん……念の為に校舎を探してから覗いてみます。クラスは何組ですか?」
    "Hmmmm...... Just to be sure, we should still try to sneak a peek in the school building. What class are they?"
    247:崇
    Takashi
    ...
    Mitsukuni
    253:「うん。だけどクラスではあまり会わないんだ。とっても恥ずかしがりやさんなんだもん」
    Yup. But we don't really run into them there. They're veeeery shy people, after all."
    254:ハルヒ
    Haruhi
    255:「わかりました。じゃあ、モリ先輩はハニー先輩に任せても良いですか?」
    "I understand. Then, is it okay if I trust you with Mori-senpai, Honey-senpai?"
    256:ハルヒ
    Haruhi
    257:「自分が探しにいってきますので」
    "I'm going to go out to search by myself."
    258:mitukuni_a
    259:光邦
    Mitsukuni
    260:「ハルちゃんだけで大丈夫?」
    "Are you sure you'll be okay by yourself, Haru-chan?"
    261:ハニー先輩が心配そうに小首を傾げる。モリ先輩1人の時に現れるってことは、モリ先輩を連れて行った方が得策かもしれない。
    Honey-senpai worriedly tilts his head to one side. If they only appear when Mori-senpai is by himself, then it might be a good plan to bring Mori-senpai with me.
    262:けど……。
    But......
    263:ハルヒ
    Haruhi
    264:「モリ先輩が一緒だと彼女たちも落ち着かないでしょうし、ハニー先輩でも気を遣ってしまうと思います」
    "I think that if they're with Mori-senpai, then the girls won't be able to calm down, and even with Honey-senpai they'll feel anxious."
    265:ハルヒ
    Haruhi
    266:「その点、自分はそれほど知られてないので話し易いんじゃないかと」
    "On that point, they don't know me to that extent, so it should be easy to talk with them."
    267:mitukuni_a
    268:光邦
    Mitsukuni
    269:「そっか。じゃあハルちゃんにお願いするね」
    "I see. Well then, please do so, Haru-chan."
    270:takashi_a
    271:崇
    Takashi
    272:「すまない」
    "I'm sorry."
    273:ハルヒ
    Haruhi
    274:「いえ。それでは行ってきます」
    "No problem. Well then, I'm off."
    275:takashi_a
    276:mitukuni_a
    ...
    279:bg09_a
    280:モリ先輩をハニー先輩に預けて、第三音楽室を後にしたのはいいんだけれど……。
    I entrusted Mori-senpai to Honey-senpai, and left the third music room, but......
    281:ハルヒ
    Haruhi
    282:「まずはどっちから見て行こうかな」
    "Where should I start from?"
    283:東側から
    From the east side
    Go to 292

    284:西側から
    From the west side
    285:switch
    286:select
    ...
    Haruhi
    293:「うん、東側からみていこう」
    "Right, then let's go to the east side
    294:誰かいないかな……。馬鹿みたいに広い学校だから、一歩間違うとすれ違う可能性が高いんだよね……。
    295:生徒A
    ...
    Takashi
    461:「すまない」
    "I'm sorry."
    462:takashi_a
    463:ハルヒ
    ...
    Haruhi
    476:「自分は……」
    "I am......"
    477:select
    478:select
    ...
    Fangirl A
    642:「もちろんです!!」
    "Of course!!"
    643:takashi_a
    644:差し出された手を女の子たちが握る。
    (view changes)
    12:19 pm

Thursday, August 13

  1. page takashi edited 0:ev6200 1:モリ先輩と熱烈なファン Mori-senpai and his passionate fan 2:崇 Takashi 3:光邦 Mitsukuni 4…
    0:ev6200
    1:モリ先輩と熱烈なファン
    Mori-senpai and his passionate fan
    2:崇
    Takashi
    3:光邦
    Mitsukuni
    4:「崇、彼女たちにちゃんとああなった理由を説明すればわかってくれるよ?」
    "
    5:崇
    Takashi
    6:「いや……」
    7:光邦
    Mitsukuni
    8:「もう~僕も一緒についていってあげるから、ね? うさちゃんも貸してあげる♪」
    "Geez~ I'll go with you, okay? I'll even lend you Usa-chan ♪"
    9:崇
    Takashi
    10:「ああ……」
    "Okay......"
    11:いつものように、南校舎の最上階、北川廊下つきあたりの未使用音楽室の扉をあける。
    12:そこには……うさぎのぬいぐるみを抱いたモリ先輩という、あまりにシュール過ぎる光景に出くわしてしまった。
    13:思わず回れ右をしてしまいたい光景だけど、モリ先輩の眉間のしわがいつもより多い(ような)気がする。
    14:ハルヒ
    Haruhi
    15:「あの……どうかしたんですか?」
    "Excuse me... Is something wrong?"
    16:bg33_a
    17:mitukuni_a
    ...
    19:mitukuni_a
    20:光邦
    Mitsukuni
    21:「あ、ハルちゃん。あのねえ、崇がすっごい失敗しちゃってね、僕がなぐさめてあげてたんだ」
    "Ah, Haru-chan. Well you see, Takashi really messed up, so I was comforting him."
    22:ハルヒ
    Haruhi
    23:「モリ先輩が失敗……ですか? 珍しいですね」
    "Mori-senpai... messed up? That's unusual."
    24:mitukuni_a
    25:実直な人柄で、現代に生きる武士のような存在でもあるモリ先輩のホスト部での立場は、どっしりと構えた重石といったもので。
    ...
    31:mitukuni_a
    32:光邦
    Mitsukuni
    33:「うん。あのね、崇がものすっごく眠い状態で接客をしちゃったの」
    "Yup. You see, Takashi was serving customers while he was reaaaally sleepy..."
    34:光邦
    Mitsukuni
    35:「でね、その接客をしてた女の子たちが崇のことがみーんな大好きなファンの子だったから、崇の発言にすっごく喜んじゃったんだ」
    "And, the girls he was serving were all reaaaally big fans of Takashi, and they were all really pleased with what Takashi said."
    36:光邦
    Mitsukuni
    37:「でもね、それって崇の本当の言葉じゃないからね、事情を説明しようねって話してたんだよ~」
    "But you know, that wasn't really how Takashi talks, so I was telling him he should explain the situation~"
    38:mitukuni_a
    39:ハルヒ
    Haruhi
    40:「あー……」
    "Ahhhh......"
    41:多分、こうゆうことだろうなぁ。
    Probably, it went like this.
    42:ファンの子A
    Fangirl A
    43:「モリくん、あの……クッキーを焼いてきたのですけど」
    "Mori-kun, um... this is a cookie I baked, but..."
    44:takashi_a
    45:takashi_a
    46:takashi_a
    47:崇
    Takashi
    48:「ありがとう。喜んで頂くよ」
    "Thank you. I'll receive it with pleasure."
    49:崇
    Takashi
    50:「ああ、君」
    "Ah, you."
    51:ファンの子B
    Fangirl B
    52:「え?」
    "Eh?"
    53:崇
    Takashi
    54:「ほっぺたにクリームがついているよ」
    "You have cream stuck to your cheek."
    55:ファンの子B
    Fangirl B
    56:「あああ、ありがとうございます」
    "Ahhhhhh, thank you very much."
    57:takashi_a
    58:崇
    Takashi
    59:「いや、君のほおは柔らかくてとてもかわいいから、こちらこそお礼を言わなければいけないね」
    "No no, your cheek is so soft and cute that it is I who should be saying thank you."
    60:takashi_a
    61:ハルヒ
    Haruhi
    62:「……それは血の気が引くような光景ですね」
    63:寝起きのハニー先輩は恐くて、眠いモリ先輩はクサい。
    ...
    67:takashi_a
    68:崇
    Takashi
    69:「それほどひどいのか……」
    70:ハルヒ
    Haruhi
    71:「あ、いえ。環先輩のウザさに比べればマシです」
    72:takashi_a
    73:崇
    Takashi
    74:「環よりマシ……か」
    75:ハルヒ
    Haruhi
    76:「そ、それよりもその後のフォローがまだなんですよね?」
    77:takashi_a
    ...
    80:mitukuni_a
    81:光邦
    Mitsukuni
    82:「うん。だから眠い状態で出ちゃ駄目って僕言ったでしょ?」
    83:mitukuni_a
    84:光邦
    Mitsukuni
    85:「崇のファンの子って内気な子が多くって、崇のことが本当に好きな子たちだもん」
    86:光邦
    Mitsukuni
    87:「あまーい言葉をかけられたら余計好きになっちゃっうんだよ?」
    88:takashi_a
    89:崇
    Takashi
    90:「それは猛省している」
    91:mitukuni_a
    92:光邦
    Mitsukuni
    93:「うん。ならさ、やっぱり謝りにいこ? ね?」
    "Yup. That's why you should go apologize? Okay?"
    94:takashi_a
    95:崇
    Takashi
    96:「……ああ、そうだな」
    "...... Yeah, you're right."
    97:takashi_a
    98:mitukuni_a
    ...
    100:曲者ぞろいのホスト部でも、なんだかんだで上級生のこの2人が根底を支えてる……のかもしれない。
    101:……多分。
    ...... Probably.
    102:sure2
    103:ハルヒ
    Haruhi
    104:「じゃあ、肝心のモリ先輩のファンの子を探さなきゃいけませんね」
    105:ハルヒ
    Haruhi
    106:「心当たりってありますか?」
    107:mitukuni_a
    ...
    109:mitukuni_a
    110:光邦
    Mitsukuni
    111:「んーとね、あるにはあるんだけどね」
    112:ちらりとハニー先輩がモリ先輩を見る。
    ...
    116:takashi_a
    117:崇
    Takashi
    118:「……俺が1人の時しか現れない」
    119:光邦
    Mitsukuni
    120:「そうなの。ものすっごく恥ずかしがりやさんでね、崇が1人の時しか出てきてくれないんだ」
    121:ハルヒ
    Haruhi
    122:「モリ先輩とハニー先輩って一緒の時が多いですよね?」
    123:takashi_a
    ...
    125:mitukuni_a
    126:光邦
    Mitsukuni
    127:「うん。だからね、僕も一緒にごめんねしたいんだけど、僕が一緒だと姿を見せてくれなくってさ」
    128:ハルヒ
    Haruhi
    129:「はあ……小動物かなにかのようですね」
    130:小動物は1度姿を消すと見つけるのがとても困難だって聞いたことがある。
    131:mitukuni_a
    132:光邦
    Mitsukuni
    133:「ねえねえ、ハルちゃんはどーしたらいいと思う?」
    134:ハルヒ
    Haruhi
    135:「そうですね。とりあえずは探してみましょう。本物の動物じゃないんだし、探していれば見つかりますよ」
    136:善は急げっていうからね。事が大きくなる前に解決しないと面倒なことになるかもしれない。
    137:mitukuni_a
    138:光邦
    Mitsukuni
    139:「……あのね、ハルちゃん。探す前に1つ聞いてもいいかな?」
    "...... Y'know, Haru-chan. Before we go searching, can I ask you something?"
    140:ハルヒ
    Haruhi
    141:「はい、自分で答えられることであれば」
    "Yes, if it's something I can answer."
    142:mitukuni_a
    143:光邦
    Mitsukuni
    144:「崇が悩んでるのはね、ほんとうに自分を好きだと思ってる子たちに軽薄な言葉を言っちゃったからなの」
    145:光邦
    Mitsukuni
    146:「だからね、とーっても複雑な問題になってくるんだけど、ハルちゃんはそれでも大丈夫かなあって」
    147:ハルヒ
    Haruhi
    148:「そうですね。自分は……」
    149:select
    ...
    154:sure6
    155:ハルヒ
    Haruhi
    156:「絶対って断言できるほど自信はありませんが、出来る範囲で協力しますよ」
    157:mitukuni_a
    158:光邦
    Mitsukuni
    159:「そっか。うん……ありがとね、ハルちゃん」
    "I see. Yeah...... Thank you, Haru-chan."
    160:sure7
    161:ハルヒ
    Haruhi
    162:「協力しますよ。誤解したままの彼女たちも、それを見ているモリ先輩も、どちらも悲しいだけですから」
    163:hani1
    164:mitukuni_a
    165:光邦
    Mitsukuni
    166:「そっかあ。そうだよね、誤解したままなのは悲しいよね! うん、ありがとうハルちゃん♪」
    167:sure7
    168:ハルヒ
    Haruhi
    169:「こうゆうことに向いてないかもしれません。それでもいいですか?」
    170:mitukuni_a
    171:光邦
    Mitsukuni
    172:「いいよ、ハルちゃん。他人の色恋沙汰ってすんごくむずかしいもんね」
    173:光邦
    Mitsukuni
    174:「協力してくれるって気持ちだけで嬉しいよ。崇もそう思うでしょ?」
    175:mitukuni_a
    ...
    178:takashi_a
    179:崇
    Takashi
    180:「ああ……」
    "Yeah......"
    181:ハルヒ
    Haruhi
    182:「ありがとうございます」
    "Thank you very much."
    183:mitukuni_a
    184:takashi_a
    185:sure7
    186:ハルヒ
    Haruhi
    187:「……無理ですね。自分の場合男とか女とかどうでも良いと言いますか……ほとんど意識することもありませんので」
    188:mitukuni_a
    189:光邦
    Mitsukuni.
    190:「ん~ハルちゃんはそうだよねえ」
    191:ハルヒ
    Haruhi
    192:「すみません」
    "I'm sorry."
    193:mitukuni_a
    194:takashi_a
    ...
    196:takashi_a
    197:崇
    Takashi
    198:「……謝ることはない」
    "...... There's nothing to apologize for."
    199:mitukuni_a
    200:光邦
    Mitsukuni
    201:「そうだよ、ハルちゃん。僕もこうゆうのはぜんぜんわからないもん」
    202:光邦
    Mitsukuni
    203:「そうゆうわからないって気持ちをちゃんと言ってくれたハルちゃんは偉いと思うよ?」
    204:ハルヒ
    Haruhi
    205:「ハニー先輩……ありがとうございます」
    "Honey-senpai... thank you very much."
    206:mitukuni_a
    207:光邦
    Mitsukuni
    208:「んーん。あのね、これから僕と崇で彼女たちに会ってくるけど結果はハルちゃんにちゃんと報告するね」
    209:ハルヒ
    Haruhi
    210:「いいんですか?」
    211:光邦
    Mitsukuni
    212:「いいの、いいの。ね、崇?」
    213:takashi_a
    214:崇
    Takashi
    215:「ああ。ここで待っていて欲しい」
    216:ハルヒ
    Haruhi
    217:「モリ先輩……はい、自分はここで待ってます。気をつけて行って来て下さいね」
    218:takashi_a
    219:崇
    Takashi
    220:「行ってくる」
    221:mitukuni_a
    222:光邦
    Mitsukuni
    223:「行ってくるね、ハルちゃん」
    224:takashi_a
    ...
    233:mitukuni_a
    234:ハルヒ
    Haruhi
    235:「それでですね、まず探すにあたって闇雲に探すのも効率が悪いので、彼女たちのクラスから当たってみようと思います」
    236:光邦
    Mitsukuni
    237:「ん~多分いないんじゃないかなあ」
    238:mitukuni_a
    ...
    241:takashi_a
    242:崇
    Takashi
    243:「この時間なら下校しているはずだ」
    244:言われてみれば、空は刻々と夕闇色に染まってきている。
    245:ハルヒ
    Haruhi
    246:「うーん……念の為に校舎を探してから覗いてみます。クラスは何組ですか?」
    247:崇
    Takashi
    248:「3年A組」
    "Third year class A."
    249:ハルヒ
    Haruhi
    250:「ああ。お2人と同じクラスなんですね」
    "Oh, I see. The same class as the two of you."
    251:mitukuni_a
    252:光邦
    Mitsukuni
    253:「うん。だけどクラスではあまり会わないんだ。とっても恥ずかしがりやさんなんだもん」
    254:ハルヒ
    Haruhi
    255:「わかりました。じゃあ、モリ先輩はハニー先輩に任せても良いですか?」
    256:ハルヒ
    Haruhi
    257:「自分が探しにいってきますので」
    258:mitukuni_a
    259:光邦
    Mitsukuni
    260:「ハルちゃんだけで大丈夫?」
    261:ハニー先輩が心配そうに小首を傾げる。モリ先輩1人の時に現れるってことは、モリ先輩を連れて行った方が得策かもしれない。
    262:けど……。
    263:ハルヒ
    Haruhi
    264:「モリ先輩が一緒だと彼女たちも落ち着かないでしょうし、ハニー先輩でも気を遣ってしまうと思います」
    265:ハルヒ
    Haruhi
    266:「その点、自分はそれほど知られてないので話し易いんじゃないかと」
    267:mitukuni_a
    268:光邦
    Mitsukuni
    269:「そっか。じゃあハルちゃんにお願いするね」
    270:takashi_a
    271:崇
    Takashi
    272:「すまない」
    273:ハルヒ
    Haruhi
    274:「いえ。それでは行ってきます」
    275:takashi_a
    ...
    280:モリ先輩をハニー先輩に預けて、第三音楽室を後にしたのはいいんだけれど……。
    281:ハルヒ
    Haruhi
    282:「まずはどっちから見て行こうかな」
    283:東側から
    ...
    291:bg12_a
    292:ハルヒ
    Haruhi
    293:「うん、東側からみていこう」
    294:誰かいないかな……。馬鹿みたいに広い学校だから、一歩間違うとすれ違う可能性が高いんだよね……。
    295:生徒A
    Student A
    296:「……」
    "......"
    297:ハルヒ
    Haruhi
    298:「あ、あの。すいません」
    "Ah, um. Excuse me."
    299:生徒A
    Student A
    300:「? はい、僕に何か御用でしょうか?」
    "? Yes, do you have some business with me?"
    301:ハルヒ
    Haruhi
    302:「校舎内で3年A組のこの女性を見かけませんでしたか?」
    303:鏡夜先輩から借りた顧客名簿リストの中から拝借した女性の写真を提示する。
    ...
    305:後が恐いけど、そこはモリ先輩にフォローしてもらおう。
    306:生徒A
    Student A
    307:「いえ、そのような女性はお見かけしてませんね。多分、こっちの校舎にはいないんじゃないでしょうか」
    308:生徒A
    Student A
    309:「長く歩いていますが1度も見てませんので」
    310:ハルヒ
    Haruhi
    311:「そうですか……ありがとうございます」
    312:そうなるとこっちの校舎にはいないってことかな。
    ...
    314:bg23_b
    315:ハルヒ
    Haruhi
    316:「……あ、すいません」
    "...... Ah, excuse me."
    317:生徒B
    Student B
    318:「? ああ、道を間違われたのですね」
    319:生徒B
    Student B
    320:「この校舎は広いですもの、迷子になってもいたしかたありませんわ」
    321:ハルヒ
    Haruhi
    322:「いえ、迷子ではないんです。あの……」
    323:ハルヒ
    Haruhi
    324:「校舎内で3年A組のこの女性を見かけませんでしたか?」
    325:生徒B
    Student B
    326:「そうですわね……この写真の方はお見かけしておりませんわ」
    327:生徒B
    Student B
    328:「反対側の校舎はお探しになりました?」
    329:ハルヒ
    Haruhi
    330:「はい」
    331:生徒B
    Student B
    332:「でしたらもうお帰りになったのではないでしょうか? それかその方のクラスをお尋ねになってはいかが?」
    333:ハルヒ
    Haruhi
    334:「そうですね……ありがとうございます」
    335:困ったなあ。東側にも西側にもいないとなると……。
    336:ハルヒ
    Haruhi
    337:「うーん、駄目でもともとでクラスの方も覗いてこようかな」
    338:もしかしたらまだいるかもしれないしね。
    339:bg16_a
    340:ハルヒ
    Haruhi
    341:「3年A組……ここか」
    "Third year class A...... Here?"
    342:プレートに3年A組と書かれてあるのを確認してから、教室のドアを開ける。
    343:しん……と静まり返った教室。見渡すと誰一人として教室には残っていなかった。
    344:ハルヒ
    Haruhi
    345:「結構遅い時間だしね。……ん? なんだろう、あれ」
    346:ひとつだけ違和感のある机があった。
    ...
    348:近寄ってみると、ほかにも沢山のプレゼントが机の周りを取り囲むようにして置かれていた。
    349:ハルヒ
    Haruhi
    350:「もしかしてこれって……」
    351:嫌な予感がして、いけないと思ったけれどプレゼントのうちの1つを手にとる。
    352:メッセージカードがついてるみたいだ。えーと……。
    353:ハルヒ
    Haruhi
    354:「親愛なるモリくんへ……」
    355:どうしよう、事態は自分が思っている以上に深刻だ。そっとプレゼントを元の場所に戻す。
    356:ハルヒ
    Haruhi
    357:「一旦部室に戻ってこのことを報告したほうがいいよね」
    358:これは早めに解決しないと……モリ先輩が大変なことになるかもしれない。
    ...
    360:bg23_b
    361:ハルヒ
    Haruhi
    362:「うん、西側からみていこう」
    363:誰かいないかな……。馬鹿みたいに広い学校だから、一歩間違うとすれ違う可能性が高いんだよね……。
    364:ハルヒ
    Haruhi
    365:「……あ、すいません」
    366:生徒B
    Student B
    367:「? ああ、道を間違われたのですね」
    368:生徒B
    Student B
    369:「この校舎は広いですもの、迷子になってもいたしかたありませんわ」
    370:ハルヒ
    Haruhi
    371:「いえ、迷子ではないんです。あの……」
    372:ハルヒ
    Haruhi
    373:「校舎内で3年A組のこの女性を見かけませんでしたか?」
    374:鏡夜先輩から借りた顧客名簿リストの中から拝借した女性の写真を提示する。
    ...
    376:後が恐いけど、そこはモリ先輩にフォローしてもらおう。
    377:生徒B
    Student B
    378:「そうですわね……この写真の方はお見かけしておりませんわ」
    379:生徒B
    Student B
    380:「反対側の校舎はお探しになりました?」
    381:ハルヒ
    Haruhi
    382:「まだ見てません」
    383:生徒B
    Student B
    384:「でしたらそちら側を探してみてはいかが?」
    385:生徒B
    Student B
    386:「探し物がありましてこちら側を隅々まで歩いておりましたが、お見かけしておりませんもの」
    387:ハルヒ
    Haruhi
    388:「そうですね……ありがとうございます」
    389:そうなるとこっちの校舎にはいないってことかな。
    ...
    391:bg12_a
    392:ハルヒ
    Haruhi
    393:「……あ、すいません」
    394:生徒A
    Student A
    395:「? はい、僕に何か御用でしょうか?」
    396:ハルヒ
    Haruhi
    397:「校舎内で3年A組のこの女性を見かけませんでしたか?」
    398:生徒A
    Student A
    399:「いえ、そのような女性はお見かけしてませんね。西側はあたってみましたか?」
    400:ハルヒ
    Haruhi
    401:「はい」
    402:生徒A
    Student A
    403:「なら時間も遅いですし、帰ってしまったんでしょう」
    404:生徒A
    Student A
    405:「貴方もあまり遅くまで校舎に残っていないで早くお帰りになったほうが良いですよ」
    406:ハルヒ
    Haruhi
    407:「お気遣いありがとうございます」
    408:困ったなあ。東側にも西側にもいないとなると……。
    409:ハルヒ
    Haruhi
    410:「うーん、駄目でもともとでクラスの方も覗いてこようかな」
    411:もしかしたらまだいるかもしれないしね。
    412:bg16_a
    413:ハルヒ
    Haruhi
    414:「3年A組……ここか」
    "Third year class A...... Here?"
    415:プレートに3年A組と書かれてあるのを確認してから、教室のドアを開ける。
    416:しん……と静まり返った教室。見渡すと誰一人として教室には残っていなかった。
    417:ハルヒ
    Haruhi
    418:「結構遅い時間だしね。……ん? なんだろう、あれ」
    419:ひとつだけ違和感のある机があった。
    ...
    421:近寄ってみると、ほかにも沢山のプレゼントが机の周りを取り囲むようにして置かれていた。
    422:ハルヒ
    Haruhi
    423:「もしかしてこれって……」
    424:嫌な予感がして、いけないと思ったけれどプレゼントのうちの1つを手にとる。
    425:メッセージカードがついてるみたいだ。えーと……。
    426:ハルヒ
    Haruhi
    427:「親愛なるモリくんへ……」
    428:どうしよう、事態は自分が思っている以上に深刻だ。
    429:そっとプレゼントを元の場所に戻す。
    430:ハルヒ
    Haruhi
    431:「一旦部室に戻ってこのことを報告したほうがいいよね」
    432:これは早めに解決しないと……モリ先輩が大変なことになるかもしれない。
    ...
    434:bg33_a
    435:ハルヒ
    Haruhi
    436:「ただいま戻りました。あのですね……」
    437:takashi_a
    ...
    439:takashi_a
    440:崇
    Takashi
    441:「……行ってくる」
    442:ハルヒ
    Haruhi
    443:「? あ、もしかして女の子たちから呼び出されたんですか?」
    444:崇
    Takashi
    445:「ああ……」
    446:ハルヒ
    Haruhi
    447:「自分も一緒に行きましょうか?」
    448:ハルヒ
    Haruhi
    449:「校舎を周って、彼女たちは見つけられませんでしたけど、教室でモリ先輩宛てのプレゼントを沢山見てきました」
    450:ハルヒ
    Haruhi
    451:「自分なんかでは頼りないかもしれませんけど、それでもいないよりはいた方が良いと思うんです」
    452:takashi_a
    453:崇
    Takashi
    454:「ハルヒ、申し出はとても有り難いが彼女たちは俺1人を指名した」
    455:崇
    Takashi
    456:「だから、ここは俺1人で行くのが礼儀だ」
    457:ハルヒ
    Haruhi
    458:「モリ先輩……」
    "Mori-senpai......"
    459:takashi_a
    460:崇
    Takashi
    461:「すまない」
    462:takashi_a
    463:ハルヒ
    Haruhi
    464:「……モリ先輩!!」
    "...... Mori-senpai!!"
    465:mitukuni_a
    466:mitukuni_a
    467:mitukuni_a
    468:光邦
    Mitsukuni
    469:「ハルちゃん、ハルちゃん」
    "Haru-chan, Haru-chan~"
    470:ハルヒ
    Haruhi
    471:「あ、ハニー先輩……」
    "Ah, Honey-senpai......"
    472:慌ててモリ先輩の後を追いかけようとした自分の袖を、ハニー先輩が優しく掴んで引き止める。
    473:光邦
    Mitsukuni
    474:「あのね、追いかける前に1つ聞きたいんだ。ハルちゃんはさ、崇のことが心配?」
    475:ハルヒ
    Haruhi
    476:「自分は……」
    477:select
    ...
    482:sure15
    483:ハルヒ
    Haruhi
    484:「心配です。教室でプレゼントの山を見て、とても真剣な人たちなんだって思いましたから」
    485:mitukuni_a
    486:光邦
    Mitsukuni
    487:「うん、そうだね。崇は1人でだいじょうぶって言ったけど、僕たちは友達だもん」
    488:光邦
    Mitsukuni
    489:「友達を心配するのは当たり前だもんね」
    490:ハルヒ
    Haruhi
    491:「はい」
    492:mitukuni_a
    493:sure17
    494:ハルヒ
    Haruhi
    495:「心配です。彼女たちはとても真剣で、だからこそモリ先輩1人に任せちゃいけないと思うんです」
    496:mitukuni_a
    497:光邦
    Mitsukuni
    498:「うん、ハルちゃんは本当に崇のことが心配なんだね」
    499:hani1
    500:光邦
    Mitsukuni
    501:「ありがとう、ハルちゃん」
    "Thank you, Haru-chan."
    502:mitukuni_a
    503:sure17
    504:ハルヒ
    Haruhi
    505:「モリ先輩は1人で行きたいと言いました。心配というより……悔しいです」
    506:ハルヒ
    Haruhi
    507:「こんな時に力になれない、自分自身の不甲斐なさが……」
    508:mitukuni_a
    509:光邦
    Mitsukuni
    510:「そっか。ハルちゃんは崇の態度をそうとらえちゃったんだね」
    511:sure16
    512:ハルヒ
    Haruhi
    513:「すいません、そこまで考えてませんでした」
    514:mitukuni_a
    515:光邦
    Mitsukuni
    516:「ん~じゃあハルちゃんの行動は思わずってことなんだねえ」
    517:ハルヒ
    Haruhi
    518:「……自分は苦しんでいたモリ先輩を見ていますから。それなのに何もしないのは違うんじゃないかって」
    519:ハルヒ
    Haruhi
    520:「そう思ったら、体が自然に動いたんです」
    521:mitukuni_a
    522:光邦
    Mitsukuni
    523:「ハルちゃんは無意識でそう思ってくれたんだね。今はそれでじゅーぶんだと思うよ」
    524:sure16
    525:mitukuni_a
    526:光邦
    Mitsukuni
    527:「……ハルちゃん、僕考えたんだ。崇は僕が追いかけるからさ。ハルちゃんには応援してて欲しいなって」
    528:ハルヒ
    Haruhi
    529:「え……?」
    "Eh......?"
    530:光邦
    Mitsukuni
    531:「崇はね、ハルちゃんに応援してもらいたいって思ってるんじゃないかなーって。だからね、ハルちゃんはお留守番」
    532:ハルヒ
    Haruhi
    533:「ハニー先輩……」
    "Honey-senpai......"
    534:mitukuni_a
    535:光邦
    Mitsukuni
    536:「僕たちが帰ってきたらね。笑顔でお帰りなさいって言って欲しいな? ダメ?」
    537:ハルヒ
    Haruhi
    538:「いいえ。とびきりの笑顔で出迎えます」
    539:mitukuni_a
    540:光邦
    Mitsukuni
    541:「ありがと。じゃあハルちゃん、いってきまーす」
    542:mitukuni_a
    ...
    551:bg07_a
    552:ハルヒ
    Haruhi
    553:(モリ先輩、まだ来ませんね)
    554:mitukuni_a
    555:光邦
    Mitsukuni
    556:(僕たちより早くに出たんだからもう来てもおかしくないよね~)
    557:ハルヒ
    Haruhi
    558:(……あ、あれそうじゃないですか?)
    559:mitukuni_a
    560:光邦
    Mitsukuni
    561:(うん。崇とファンの子たちみたい)
    562:ハルヒ
    Haruhi
    563:(あの、すごく今更なんですけどこれって覗き見じゃないですか? 自分はモリ先輩に来るなって言われてたのに……)
    564:mitukuni_a
    565:光邦
    Mitsukuni
    566:(んーとね、ハルちゃんに黙っててごめんなさいなんだけど、崇はハルちゃんに来てもらいたかったんだよ?)
    567:ハルヒ
    Haruhi
    568:(自分に、ですか?)
    569:光邦
    Mitsukuni
    570:(うん。えっとね、さっきの崇が心配かどうかって質問でハルちゃんがうん、って言ってくれたらね)
    571:光邦
    Mitsukuni
    572:(一緒に行くって崇に事前に言ってあるんだ)
    573:ハルヒ
    Haruhi
    574:(あの流れって計算されてたんですか!?)
    575:mitukuni_a
    576:光邦
    Mitsukuni
    577:(うん、だからごめんね。ハルちゃん)
    578:mitukuni_a
    579:鏡夜先輩を見ているようです、ハニー先輩……。
    580:ファンの子A
    Fangirl A
    581:「モリくん、突然のお呼び出しに応じて下さってありがとうございます。」
    582:takashi_a
    ...
    584:takashi_a
    585:崇
    Takashi
    586:「いや……」
    587:ファンの子B
    Fangirl B
    588:「私たち、モリくんに謝りたくて……。他の子たちも謝りたいっておっしゃっていたのだけれど」
    589:ファンの子B
    Fangirl B
    590:「あまり多くの人間ですとまとまりにも欠けますし。代表として私とこの子とでお呼び致しましたの」
    591:takashi_a
    592:崇
    Takashi
    593:「……謝るのは俺の方であって、君たちに否はない」
    594:ファンの子A
    Fangirl A
    595:「いえ! 私たち、知っていましたの。モリくんが眠い状態ですとどのような状態になるのか」
    596:takashi_a
    597:崇
    Takashi
    598:「そうか……」
    599:takashi_a
    600:ハルヒ
    Haruhi
    601:(モリ先輩のこと、よく知っているみたいですね)
    602:b-mitukuni_a2
    ...
    604:b-mitukuni_a2
    605:光邦
    Mitsukuni
    606:(そうだね。崇のファンだもん、知っててもおかしくないよね。僕、うっかりしてたよ)
    607:ハルヒ
    Haruhi
    608:(いえ、自分もそのことに気が付きませんでしたからお相子ですよ)
    609:b-mitukuni_a2
    ...
    612:takashi_a
    613:ファンの子B
    Fangirl B
    614:「ですが、甘い言葉を囁かれつい舞い上がってしまったのです。モリくんが困ると知っていながら、私たち……」
    615:ファンの子A
    Fangirl A
    616:「本当にごめんなさい。お詫びの品としてモリくんの机にプレゼントを置いておきました」
    617:ファンの子B
    Fangirl B
    618:「私たち、ずっと謝りたかったんです。直接お渡しするには量が多かったので、持参せずに机に置いてきてしまいましたが……」
    619:takashi_a
    620:崇
    Takashi
    621:「……その気持ちだけでいい」
    622:ファンの子A
    Fangirl A
    623:「え?」
    "Eh?"
    624:takashi_a
    625:崇
    Takashi
    626:「眠い状態で出てしまったのは俺の落ち度だ。だから謝らなくていい」
    627:ファンの子A
    Fangirl A
    628:「いいえ! 私たちが悪いのです! ですからモリくんは謝らないで下さい!!」
    629:崇
    Takashi
    630:「いや。どんな事情であれ、俺の不摂生からおきた事件だ」
    631:ファンの子B
    Fangirl B
    632:「いいえ、舞い上がってしまった私たちが……」
    633:平行線が続く中、それに終止符を打つようにモリ先輩の手が差し出される。
    634:takashi_a
    635:崇
    Takashi
    636:「ならば……握手をしてくれないか?」
    637:ファンの子B
    Fangirl B
    638:「私たちのこと、許してくださいますの?」
    639:崇
    Takashi
    640:「ああ。……俺こそ許してもらえるだろうか?」
    641:ファンの子A
    Fangirl A
    642:「もちろんです!!」
    643:takashi_a
    ...
    649:b-mitukuni_a1
    650:光邦
    Mitsukuni
    651:(崇もあの子たちも良かったね)
    652:ハルヒ
    Haruhi
    653:(ええ。自分も嬉しいです)
    654:光邦
    Mitsukuni
    655:(うん、すれ違ったままなのは悲しいもんね。めでたし、めでたし~だよ)
    656:b-mitukuni_a1
    ...
    658:bg20_a
    659:ハルヒ
    Haruhi
    660:「おつかれさまでした」
    661:hani1
    ...
    664:mitukuni_a
    665:光邦
    Mitsukuni
    666:「崇、よく頑張ったね。うさちゃんも喜んでるよ~」
    667:mitukuni_a
    ...
    670:takashi_a
    671:崇
    Takashi
    672:「……ああ。これもお前たちのお陰だ」
    673:ハルヒ
    Haruhi
    674:「いえ、自分たちは何もしてませんよ」
    675:崇
    Takashi
    676:「そんなことはない。相談に乗り、真剣に考えてくれた」
    677:崇
    Takashi
    678:「だから……握手を交わしても良いだろうか?」
    679:ハルヒ
    Haruhi
    680:「え? 自分とですか?」
    681:takashi_a
    682:崇
    Takashi
    683:「……駄目か?」
    684:ハルヒ
    Haruhi
    685:「いえ、こちらこそお願いします」
    686:takashi_a
    ...
    688:差し出されたモリ先輩の手を握る。骨ばった手から、モリ先輩の優しさが伝わってくる。
    689:ハルヒ
    Haruhi
    690:「これからもよろしくお願いします、モリ先輩」
    691:崇
    Takashi
    692:「ああ」
    "Yeah."
    693:光邦
    Mitsukuni
    694:「僕も、僕も握手する~!」
    695:ハルヒ
    Haruhi
    696:「はい。ハニー先輩も一緒です」
    697:何を考えているのかわからないモリ先輩に一歩近づけたような気がした1日だった。
    (view changes)
    7:51 pm

More